旅先の歴史ものがたり・新潟

新潟には、知られざる物語があります。

 

 

 

町や村などの成り立ち、その町や村にこそ他の地域には見られない物語があります。

 

 

 

「面白い感動話」「歴史や伝統」「男の女の哀しい物語」

 

 

「新潟ならではの温泉の由来」「歴史的な神社仏閣」

 

 

「歴史上活躍した人物の横顔」「哀れな城跡や址」

 

 

「町や村、施設の命名縁起」「新潟ならではの特産物」

 

 

「国指定の国宝・重要文化財」など。

 

 

 

旅に出たら、単なる物見遊山ではなく、こうした新潟を代表する人間物語

 

 

を訪ねてみたいものです。

 

 

旅のその先に……新しい発見が。

 

 

それこそが「旅の醍醐味」ではないでしょうか。

 

 

良寛さんと子供たち.jpg

 

良寛さんと子供たち

 

 

越後七不思議 

これは親鸞聖人と弘法大師にまつわる有名な伝説です。  ①逆さ竹:ある時親鸞聖人が、新潟市鳥屋野の西方寺に庵を結び、村人に浄土の法話を説いていましたが

「潟」 一万年前までは海

「潟」とは字源によりますと、塩気のある土地とか、遠浅の海岸、あるいは湖のことをいいます。西蒲原郡と北蒲原郡の、日本海沿いの一帯は、今から一万

新潟の花と烏

新潟県の県花はチューリップです。大正十年頃から、県では農業振興の一環として、チューリップの栽培をはじめました。県の烏はもちろん「とき」です。「とき」

県政発祥の地 阿賀野市

水原町(二〇〇四年四月、安田町、京ヶ瀬村、笹神村と合併し、阿賀野市になった。)は、およそ六○○年以上前の、南北朝時代から、すでに城があったと伝えられる城下町

 

今板温泉 竹細工 阿賀野市

今板温泉は、村杉温泉と出湯温泉の中間にあり、杉木立にかこまれた静かな温泉で、素朴な湯治の情緒をあじわうための長期滞在の客の多いところです。また、

村杉温泉・五頭山 阿賀野市

五頭山の麓にある村杉温泉は、南北朝の昔、村杉に城を構えた荒木正高という武将が、七日間続けて薬師如来の夢を見、その夢の中の如来のお告げによって、

無為信寺 阿賀野市

このお寺は、親鸞上人の弟子の一人、無為信(むいしん)が開いたお寺といわれます。無為信寺は初めは、会津の仏性山に建立されていたのですが、世の乱れと共

珠数掛桜 阿賀野市

八房の梅と向いあって、天然記念物に指定されている”珠数掛桜”があります。親鸞上人が、長らく滞在された小島を発たれるとき、「恋しくば 南無阿弥陀仏を 唱う

 鷹ノ巣温泉  岩船郡

荒川のもっとも上流にあって、うしろには鷹ノ巣山をひかえた、美しい渓谷の中にある温泉です。アユつりやハイキングが楽しめ、対岸のお野立公園からのなが

瓢湖と白鳥 阿賀野市

瓢湖は周囲一二○○メートル、深さ七・五メートルの人造湖です。江戸時代末期、ひどい飢謹が続いたとき市島家六代の当主が、救民事業の一端として、現在の

五頭温泉郷 阿賀野市

五頭連峰県立自然公園の主峰五頭山(八七三メートル)の山すそにあり、老杉や古い松林にかこまれた静かを温泉郷で出湯、今板、村杉の三つの温泉があります。

安田町 阿賀野市

安田町は、古くは白河の庄といい、平安の昔は、越後平野の頭領であった城(じょう)氏の、根拠地でした。源頼朝は鎌倉に幕府を開くとき、全国に守護地頭を置きまし

保田の三度栗・孝順寺 阿賀野市

親鸞上人の旧跡として有名な、孝順寺があります。境内には上人七不思議の一つ、三度栗があります。三度栗というのは、一年に三度花を咲かせるという栗の木です

白山神社 糸魚川市

崇神天皇の御代(約二千年前)の創建といわれます。聖観音は重要文化財で、社殿は永正十一年の建立になる古雅なものです。ここにある名鐘汐路の鐘は、

片貝の話 岩船郡

この荒川ぞいには、貝という字のつくところが、もう一ヶ所あります。この片貝と、もう少し下流に行った貝附というところです。この貝がつく片貝と貝附について、こんな

粟島 岩船郡

周囲一八キロの小島です。鯛の漁獲が多く、大謀網での鯛漁は水揚げ高もよく、四月半ばに始り、七月半ばに終るこのタイ網に、島の人達は一年の生活をかけます

佐藤家住宅  重要文化財 岩船郡

堂々とした茅葺屋根の住宅が佐藤家で明和五年(一七六八)の建築で、やはり国の重要文化財に指定されています。その続きには県の文化財に指定されている

雲母温泉  子宝温泉 岩船郡

雲母温泉は、荒川と飯豊連峰のながめがよく、昭和三十二年九月に開湯された比較的あたらしい温泉で、子宝温泉の別名もあります。泉質は芒硝カルシウム含有

上関城・関川村 岩船郡

南北朝のころ、この地方の地頭となって、九州の福岡からやって来た三瀦(みつま)氏代々のお城、上関城があったところです。荒川の流れと旧道にはさまれたところ

大蔵神社 岩船郡

法師の伝説でしられた大蔵神社です。この神社には、関谷盆地の村人達を、大蛇の被害から救ったという、座頭の蔵之市がまつられています。社宝として座頭が

下関城跡 岩船郡

米坂線の越後下関駅の向こうに見えるぶ山を下関山といいます。戦国の頃、上杉家の武将、蒲屋美濃守が居城したところと伝えられ、城跡には、堀のあとが

琵琶法師の伝説 岩船郡

大蔵神社には、新潟市赤塚の生まれという、座頭の蔵之市の話が伝わっています。昔、昔、一人の座頭が琵琶を背おい、月明りのなか、杖を頼りに国境の峠を歩いて

蛇まつり 岩船郡

八月の最終日曜日、大したもん蛇まつりという、竹とワラで作った重さ二屯もの大蛇が練り歩く、ユニークで勇壮な祭りが行われます。これは村に伝わる大蛇伝説

渡辺家住宅  重要文化財  庭園は国の名勝 岩船郡

昭和二十九年に国の重要文化財に指定された、渡辺家です。渡辺家は、三五○年ほど前から近郷の大庄屋をつとめ、現在の建物は、火災後再建された天明八年

関川村土沢  境界争い  岩船郡

鎌倉時代の頃、土沢玄蕃という武将が館を構えていたと伝えられています。また、昭和三十六年八月、この地区の田圃の中から、荘園の境のしるしとして置かれた

女川の伝説の伝説  岩船郡

国道二九○号線にそって女川が流れ、荒川の流れと合流しています。その女川の中流に蛇喰(じゃばみ)というところがあります。「蛇を喰う」とかいて、ジャバミと

湯沢温泉  岩船郡

湯蔵山の麓にわくのが湯沢温泉で、静かで保養や湯治客の利用が多く、古くから米沢街道を往来する旅人たちが利用していた、といいます。近くには三十三体の

高瀬温泉  岩船郡

越後関川温泉郷の中では、湯沢温泉とともに歴史の古い温泉です。泉質は芒硝含有アルカリ性食塩泉で、温度は七十三〜八十度、神経痛、リューマチ、胃腸病

山北町 高級ハンドバック  岩船郡

新潟県でも一番北にある山北町です。ここには雷集落という所があり、そこ仁は、数百年も昔と同じ方法で織られているシナ布があります。シナの木が布の原料で

尾瀬三郎の伝説・只見川の名の由来  魚沼市

遠く平安の昔、藤原経房の二男、尾瀬三郎房利は、若くして未亡人となった皇妃をめぐって平清盛と争い、清盛の策謀によって越後へ流されました。家代々の重臣

 

阿賀野川と五頭連峰.jpg

 

阿賀野川と五頭連峰

 

枝折峠の地名由来  魚沼市

昔から銀山平に行く関門として、かならずこの枝折峠を通らねばなりませんでした。現在の峠越えの車道は、旧道からは大分はずれています。枝折峠という名前は

西福寺 彫刻師石川雲蝶  魚沼市

大浦開山堂と呼ばれる西福寺は、越後三条の彫刻師石川雲蝶が、江戸末期の天保初期から、十七年の歳月をかけて彫り込んだといわれる、五間四方の開山

大湯温泉  魚沼市

佐梨川ぞいに立つ大湯温泉は、湯之谷温泉郷(葎沢・芋川・折立。大湯・栃尾又をいう)の中でも、一番のにぎやかなところです。越後三山の一つ駒ヶ岳(二○○三

栃尾又温泉 子宝の湯  魚沼市

温泉の歴史は古く、奈良時代の養老年間(七一七)に、僧行基によって発見されたといわれており、近くにある子持杉と夫婦ケヤキと呼ばれる大木に因み、この温泉

銀山平 湖底に眠る  魚沼市

銀山平の歴史は、今から三五○年以上前の寛永十八年(一六四一)湯之谷郷の農夫星源蔵にはじまります。湯之谷村の星源蔵は、只見川のほとりで銀を発見し、ここ

銀山とマタタビ  魚沼市

銀山の名物にフキがあります。銀山フキとよばれ、形の大きいことと、おいしさで知られています。この他にゼンマイ、ワラビ、秋のナメコなどもここの名産にあげられ

円福寺 京都風に作られた美しい苔庭   魚沼市

聖武天皇のころの創建といわれます。鎌倉初期の作とされる、木像阿弥陀如来坐像は、重要文化財に指定されています。その他上杉謙信お手植えの大杉、隠れ

奥只見ダム・銀山湖  魚沼市

尾瀬を源とし、新潟、福島の県境を流れる只見川をせき止め、昭和三七年に奥只見ダムが完成しました。山峡の秘境に、我が国有数の大人造湖「奥只見湖」別名

小千谷縮  小千谷市

小千谷市は三国街道随一の宿駅で、小千谷縮で知られるところです。越後縮の発生の地が、この小千谷であることは、今では定説となっています。寛文元年(一六

柏崎温泉  一番深い温泉  柏崎市

この温泉はさる二四年に石油の井戸を掘った所で、地下一五三四メートルからふきだした、我国で一番深い温泉だそうです。殊にラジュームの含有量が大へん多く

旗持山  ノロシ  柏崎市

永録年間、今から四四○年以上前、上杉謙信がここにお城を構えたと伝えられ、春日山に何か変った事がありますと、ノロシを挙げたり、旗で合図をしたりして、

海の中の駅・育海川   夕陽が沈む光景は日本一 柏崎市

海の中につき出ていますので、冬ともなりますと、玉と砕ける荒波を支える事が出来ず、波のしぶきが汽車の窓にせまり、旅行者の方に存分にスリルを味っていた

大泉寺観音堂  国宝 柏崎市

大泉寺は今から一三○○年以上前の昔、勅願(持統天皇)により、越後にお下りになられた越の大徳、泰澄大師の建立と伝えられる真言宗のお寺です。ご本尊は

牛ケ首断層  大変珍しい 柏崎市

断層の地層の間に、シワのよったような所は層間しゆう曲という、大変めずらしいものだそうです。二五○万年も昔、一度沈下したものが、再隆起してできたもの

田塚鼻  日本有数の海岸美 柏崎市

この岬からの眺めはまことに美しく、福浦海岸の風景をさぐるのに好適な所として親しまれています。かつてこの地を訪れた尾崎紅葉が、日本有数の海岸美、と

多々神社  室町時代中期の建築 柏崎市

延喜式内のお社と伝えられる古いもので、本殿は今から五○○年以上前の、室町時代中期の建築で、県内でも数少い室町時代の建物です。県文化財の指定

胞姫神社 源義経 柏崎市

むかしから、安産の神さまとして、若い奥様方が御主人に手をひかれて、安産の祈願やお礼詣りに参拝されます。文治の昔、源義経が兄頼朝の追手をのがれて

伝説「玉屋の椿」  金持ちは辛い 柏崎市

昔、鯨波に玉屋という海産物問屋がありました。その主人公は代々徳兵衛と呼ばれ、どの人もそろって働きもので、多くの番頭さんや、小僧さんを大切にしたので

番神岬・日蓮上人 柏崎市

岬からは、越後富士の名もそのままにそびえ立つ米山や、入江と岬が入りまじってかすむ福浦の海岸美、そして叉、弥彦、国上の山女、おけさの島佐渡が一望

貞信尼と釈迦堂(跡)  艮寛様 柏崎市

良寛さま只一人のお弟子の、貞信尼が住まわれた釈迦堂です。良寛様亡き後、貞信尼が余生を送った所で、お墓は市内洞雲寺にあります。「うす雲の 姿はここに

常福寺・裸祭   伝教大師の作 柏崎市

”サニヨ サニヨ”のかけ声も勇ましくもみ合い押合いの裸祭が、毎年三月三日、柏崎の年中行事のトップを切って行われます。御本尊の毘沙門さまは伝教大師の

閻魔堂・お祭り  県下三大祭 柏崎市

今から一二六○年以上前、聖武天皇の勅命によって、二十王堂が国中に建てられた時、行基菩薩が開いたものと伝えられ、毎年六日(十三~二十日)夏祭りの

佐渡情話・お光と吾作 柏崎市

諏訪神社の境内には、佐渡情話でおなじみのお光と吾作の墓が、仲よく建っております。毎日毎日浜辺に立って、いとし恋しのその人を探し求めたお光が、やるせ

鉢崎関所跡 柏崎市

戦国時代には、旗持山の城下町として栄え、さらに江戸時代には、米山三里の入口に当り、交通の要路でもある所から、高田藩の関所が設けられました。関所

聖ケ鼻  名称由来 柏崎市

岬には秋葉権現が祀られてあります。和銅五年、今から一二八○年以上前、ちょうど越後の国から、出羽の国が別れた年です。その出羽の国の神部清定という

木崎争議記念碑 北蒲原郡

今から四八○年以上前生活をかけた農民が、どろまみれになって地主と戦った、木崎争議のあった所です。また、大正の終りから昭和の初めにかけて、北蒲原郡

咲花温泉 五泉市

昔は”湯の花”と共に、安政年間から、自然に地下からにじみ出ていた、という記録が残っている、温泉場ともいえぬような名もない湯場でしたが、昭和二九年

観音寺  美しい庭 五泉市

蒲原三三番札所のうち、二番に数えられる霊場です。曹洞宗で、本尊は行基の作と伝えられ聖観音像が祀られています。お庭の美しいとの寺は、戦国の昔、五泉

馬下橋  義経  名称由来 五泉市

「花のさだめか はかなきは 静が恋に なくすがた」。兄頼朝の追手をのがれ、草深い越後路をたどった義経が、阿賀の激流にはばまれて、止むなく馬をのり

小木の夕映え・祭り 佐渡郡

小木は、昔そのままの数少ない日本的な町です。「佐渡は四九里波の上」というおけさの文句は、小木と能登半島にある珠洲港との距離をいったものです。七月

 

奥只見湖 .jpg

 

奥只見湖 

 

 

御用金 佐渡郡

小木港は、金銀の積み出し港として開かれた港なので、江戸時代の佐渡の金銀は、みなこの小木街道を通って江戸へ送られました。そのため、幕府は相川町の

タライ舟 競争 佐渡郡

小木の海岸では、岩場が多いためか操作のしやすいタラィ舟でワカメやアワビ、サザエを採っております。恋しい吾作を慕って、お光のタライ舟は日本海の荒波

獅子ケ城跡 佐渡郡

河原田城、一名獅子ケ城と呼ぶ、佐渡の守護、本間佐渡守の居城のあった所です。今は県立佐渡高校があります。

鮎の石焼  世界の五大珍味 佐渡郡

石焼きとは、まつ赤にやいた石の上に味噌と鮎をのせて焼いたもので、食通で知られた志賀重昴(しげたか)は「世界に五大珍味あり、その一つは吾が日本に

「おけさ」伝説 由来 佐渡市

「佐渡といえばおけさを思い、おけさと聞けば佐渡がしのばれる」といわれますが、このおけさ節のおこりについてはいろいろないい伝えがあります。昔、佐渡の

お茶を飲まない理由は? 佐渡市

佐渡の言葉には京なまりがあるといわれます。言葉の終りに「ちゃ」がつき、「こっちへ来いっちゃ」「お茶のめつちや」というわけですが、そのわりにお茶をのまない

佐渡・郷土芸能 佐渡市

佐渡の村里には獅子舞、小獅子舞、岩戸神楽、鬼太鼓(おんでんこ)などといろいろ古い芸能が伝えられ、民芸の宝庫の名をほしいままにしています。中でも

佐渡ケ島 佐渡市

佐渡ケ島は、周囲二一七キロ、面積八五八平方キロの日本では一番大きな島です。昭和二十五年七月に、対岸の弥彦と共に、日本でははじめての、国定公園に

佐渡情話 佐渡市

島の南端の小木湾は、本土と近いので舟の往来でにぎわい、風景も美しく、暖流の関係で気候も温暖なので、南国的な雰囲気があるといわれています。尾崎紅葉

佐渡椿  世界的珍種 佐渡市

島には、いたるところに椿がおい茂り、中には日本で一、二を誇る大椿もあります。昔は、「椿伐るバカに植えるバカ」などと、とかく見捨てられがちでしたが、近頃

朱鷺 特別保護天然記念物 佐渡市

トキはサギの一種で、クチバシが長く、全身はまつ白で、羽根の裏と先だけがトキ色の美しい朱色をしています。この鳥は東亜特産の鳥で、江戸時諏代までは日本

妙見山  日蓮上人 佐渡市

標高一○四二メートル、またの名を菅ケ峰、北辰妙見ともいい、日蓮宗の霊場の一つです。文永八年、佐渡流罪になった日蓮上人が、妙見山の南麓の一の谷

流罪の島  知識階級の人達 佐渡市

「佐渡は流人の島だから、佐渡の人間は大方罪人の子孫だろう」などといわれる方がおります。しかし、そういわれても、佐渡の人達は決して名誉棄損などと怒り

鶴子銀山 佐渡市

鶴子銀山は、相川鉱山より五○年程前に発見された金銀山で、江戸時代のはじめ頃まで「鶴子千軒」といわれるほど家が立ち並び、「鶴が舞います 鶴子の山で

相川音頭 佐渡市

歌にあけ、踊りに暮れる島の盆踊りは、昔から七月の鉱山まつりを皮切りにはじまります。この世の地獄などといわれた鉱山で働く人々も、年に一度の鉱山まつり

大岡源三郎切腹の跡 佐渡市

春日岬に大岡源三郎切腹の跡があります。大岡源三郎は丸橋忠弥のすぐれた弟子で、宝蔵院流の槍の名手でしたが、由井正雪、丸橋忠弥などが幕府の壊滅を

尾平神社 赤なら女 佐渡市

安産を祈って神前のヒモを引き、赤なら女、白なら男が生れるといわれ、それがまたピタリと当る霊験あらたかな神様だそうです。無事赤ちゃんが生れると、ワラ

道遊の割戸 佐渡市

三九○年以上前の慶長六年、佐渡沢根の鶴子鉱山の山師三浦次兵エは、仲間二人と新しい鉱脈を探して、相川にやってきました。濁川迄くると川原に素晴らしい

相川郷土博物館 佐渡市

明治十六年(一八六三)に建築された、洋風三階建ての建物は、佐渡の金山が明治維新後、皇室の御料となった時、その管理をした御料局佐渡支庁の庁舎だった

キリシタン塚 佐渡市

今から三五〇年以上前の寛永一五年、江戸幕府の切支丹禁止令によって、この島の信者一二○人あまりがとらえられました。これは、島原の乱の翌年のことで

二ツ岩の団三郎ムジナの話 佐渡にキツネがいない? 佐渡市

むかしむかし、相川の山の岩穴に、佐渡が島中のムジナの大親分、二ツ岩の団三郎が住んでおりましたこの大親分、化かすのも上手でしたがなによりの趣味が旅

銭座 一文銭 佐渡市

相川には、本当に金貨銀貨がつくられた金座、銀座がありました。このあたりは銭座といって、江戸時代の寛永通宝という、あなあき銭をつくった所です。一文銭は

水替無宿の墓 佐渡市

佐渡の金銀山が発見されてから鉱川に関してのいろいろな伝説や逸話などが伝えられておりますが、最も悲惨なものは、水替無宿のことでしょう。天下一を誇って

佐渡奉行所跡・大久保長安 佐渡市

鉱山奉行・大久保長安は、慶長九年に佐渡奉行として着任と同時に、鶴子銀山にあった奉行所をここにうつし、大きな業績をあげました。一介の猿楽師の出で

石名清水寺  佐渡市

慶長二年(一五九七)浄土宗の修行僧だった、弾誓上人(だんせいしょうにん)によってひらかれたお寺です。「弾誓上人絵詞」によりますと、相川の市町に住む

雑田城 佐渡市

雑田城で、一名壇風城の城跡です。日野資朝卿が七年の間幽閉されていた薬師堂や、その子阿新丸がはるばるたずねてきて、父の仇を討った所も、城の中でし

隠れ松・妙宣寺 世阿弥 佐渡市

阿新丸(くまわかまる)のかくれ松です。阿新丸は、権中納言日野資朝卿の次男に生まれました。佐渡に流された父をしたい、一三歳の春、けなげにも都をたって

五重塔・妙宣寺 新潟県で唯一 佐渡市

この塔は新潟県で唯一つの五重の塔で、約二三○前の宝歴年間に下の二重ができ、それから約七○年後の文政年間に、ようやく上の三重が完成しました。日光

黒木御所跡 順徳上皇 佐渡市

順徳上皇は、七七○年前の承久三年、鎌倉幕府を倒す計書に失敗され、佐渡にうつされました。佐渡ですごされた二十二年の間、おもに真野にお住みになりまし

本光寺 日蓮上人の赦免状 佐渡市

日朗山本光寺という日蓮上人赦免の霊蹟です。上人の弟子日朗上人は、鎌倉から日蓮上人の赦免状をたずさえて、夜を日についで島にやってきました。そして、

 

 佐渡金山跡.jpg

 

佐渡金山跡

 

 

正法寺 世阿弥 佐渡市

ここには観世元清がいたといわれます。境内には、「山より出ずる 北時雨 ゆくえや定め なかるらん」という名句をよんだ腰掛石が今も残っています。観世

妙照寺 日蓮上人 佐渡市

日蓮上人は佐漉に三年間おられましたが、そのうちの二年半を妙照寺で過されました。このお寺は、近藤伊与守清久が、日蓮上人に帰衣して邸を寺にしたもので

実相寺 袈裟かけの松 佐渡市

鎌倉時代から佐渡に流された日蓮上人は、丘の向う側の、一の谷という所におられた間、毎朝丘に登って身を清め、朝日を拝まれました。それは、丘の上から見る

真禅寺 文覚上人 佐渡市 

お芝居の「袈裟と盛遠」や、岡本綺堂の戯曲「佐渡の文覚」で名高い遠藤盛遠、のちの文覚上人がこの島に流され、四年間住んでいた真禅寺です。

日吉神社・山王祭 鬼太鼓 佐渡市

またの名を山王さんという、鎌倉時代以前からのもので、佐渡でも古く大きなお宮です。毎年四月なかばのお祭りには、守り伝えた数々の、古いならわしを奉納しま

長木の石器 佐渡は日本文化の発祥地? 佐渡市

数十年位い前に、世界最古の遺跡といわれる、東アフリカのカブの石器とそっくりの石器が、この山手で発見されて新聞をにぎわしました。二○万年位前のものら

加茂湖 紀貫之 佐渡市

歌人からは越の湖の名で親しまれ、古くは紀貫之や藤原俊成などにも、その美しい風景をよまれています。金北山を湖面に美しくうつし、冬は遠くシベリアから渡って

車田植 昔ながらの農耕習俗 佐渡市

北鵜島の北村家には「車田」の行事が残されています。五月下旬の田植のころ、三把の苗を神にそをえ、「車田」と呼ぶ田へ三人の早乙女が、田の中央から左まわ

尖閣湾 死にたくなる程の美しさ 佐渡市

尖閣湾は、昭和九年の春に、地質学者、脇水博士が発見して名づけられた名勝地です。約二キロの問、魔神の斧で切りくずしたような大きな岩が天をつき、地に

胎蔵寺 伊勢の斎主 佐渡市

承応三年(一六五四)に、京都から流されてきた伊勢の斎主、藤波友忠が配所となったところです。この寺には友忠が万治四年(一六六一)赦免を祈願して奉納

義民堂 佐渡市

平和に暮していたこの島も、徳川の天領となってからの佐渡奉行の中には、悪い奉行もおり、たびたび一揆がおきました。義民堂には奉行の圧制に身を投げうって

鬼は内福も内 鬼伝説 佐渡市

佐渡の郷土芸能である鬼太鼓は、最近すっかり有名になって、佐渡といえば鬼太鼓というくらいですが、それだけに島には鬼についての伝説がたくさんあります。

国分寺跡 佐渡市

国分寺は遠く一二五○年前、聖武天皇の天平一三年に建てられた、全国五四の勅願寺の一つでしたが、惜しいことに四五○年以上前の火災で、七堂伽藍と多くの

国分寺 薬師如来像(重要文化財) 佐渡市

医王山国分寺です。昔の国分寺が焼けたあと、今から約三一○年以上前に建てられたもので、明治のはじめまでは、末寺を五二ヶ寺も持っていた大きなお寺で

斑紫銅 工芸美術品 佐渡市

斑紫銅とは、「ろう型鋳物」で、今は亡き人間国宝佐女木象堂をはじめ、本間琢斉、宮田藍堂などの大家が競って茶托、火鉢、帯留、花瓶、香炉などいずれも優れた

初お山・金北山 女子の登山禁止 佐渡市

金北山は、佐渡の国の総鎮守なのでおきてが厳しく、女の子の登山は固く禁じられておりました。島の男の子は、七歳になると「初お山」といって父兄につれられて

金北山神社 道しるぺ地蔵 佐渡市

大佐渡山脈の主峰、金北山は、海抜一一七二メートル、昔は女人禁制の山で、頂上には金北山神社がまつられております。金北山神社の祭神は大彦命だったの

曼荼羅寺の叉助 佐渡市

曼荼羅寺に「曼荼羅寺の叉助」という、とぼけた寺男が住んでおりました。ある時、寺から小木まで使いに出されましたが、その道中、行きあう人毎に「マンダラ寺か

道遊茶屋 金粉で富 佐渡市

昔、ここで仕事帰りの坑夫達に、お菓子や酒などを売っておりました。初代の主人は、坑夫がはき古したワラジを、新しいワラジと無料で取替え、古ワラジを大きな

ヨロケ 二五歳まで生きれば大祝 佐渡市

相川町の周辺の丘の上などには、名も知れぬ無宿者の墓がそこかしとに苔むしていて、見る人のあわれをさそいますが、昔の坑夫の寿命は大変短かかったそう

佐渡金山 佐渡市

相川には、かつて東洋一をほこった選鉱場をはじめ、鉱山関係の施設が並んでおりまずが、昭和二十七年に鉱山が大縮少されてからは、すべてが姿を変えてしま

宗太夫坑内・佐渡金山 佐渡市

坑内の壁が黒くすすけているのは、魚の油などを灯りにした油煙の為で、壁に残されたのは三○○年以上前のタガネのあとです。あのひだの一つ一つに、何千何万

鎮目奉行の墓 佐渡奉行 佐渡市

元和三年、佐渡奉行となった鎮目市左エ門惟明のお墓です。鎮目奉行は在島十年、ついにこの島で、生涯を終りましたが、その間、鉱山には最も力をそそぎ

玉造遺跡 昔の装身具 佐渡市

新穂村には、四つの地区にわかれて、大きな玉造りの遺跡があります。玉造遺跡とは、昔の装身具、主に首飾りなどにした勾玉、管玉、角玉などを造っていた跡で

蓮華峰寺 嵯峨天皇の勅願所 佐渡市

今から約一一八五年以上前の大同元年、京都の比叡山と同じく、都の鬼門に当るというので弘法大師が創建したお寺で、まもなく嵯峨天皇の勅願所になりました。

三昧堂跡・根本寺 日蓮上人 佐渡市

境内には、有名な塚原三味堂跡があります。日蓮上人は、文永八年九月十三日の鎌倉竜の口における首の座を免れた後、佐渡へ流罪となり、二月一日から塚原の

祖師堂・根本寺 土一升金一升 佐渡市

約三五○年以上前、佐渡金山でも一世を風靡した大山師、味方但馬の寄進で建立されたものですが、当時、島民の多くは日蓮宗を嫌って、土工や人夫になるもの

大太鼓・根本寺 佐渡一 佐渡市

佐渡一の大太鼓で島の名物になっています。毎年七月一日、この寺の開山忌に打ち鳴らすならわしでしたが、その音があまり大きいので、附近の家では皿や小鉢

倉谷不動尊  日本三大不動尊 佐渡市

成田の不動さん、越後菅谷の不動さんと共に日本三大不動尊の一つといわれていますが、島では縁結びの神として名高く、年頃になった男女は、必ず一度は参詣

達者の由来 佐渡市

達者と申しますのは、山淑太夫で知られる厨子王が、人買いの山岡太夫の為に、この島に売られた母を探しにきて、ようやくここでめぐりあい、お互に達者を喜び

 

尖閣湾.jpg

 

尖閣湾 

 

千種遺跡  八大遺跡の一つ  佐渡市

昭和二十七年に、国府川の河岸で千種遺跡という大きな遺跡が見つかりました。埋もれた住居跡の中から、弥生式土器のほか、農具や漁具などが掘りだされま

金北山・金北山神社 佐渡市

海抜一一七三メートル、頂上には、金北山神社があります。昔は佐渡一国の総鎮守として大きな権力を持ち、おきてがきびしく、女性の登山は固く禁じられており

恋ケ浦  返す波がない 佐渡市

順徳上皇が上陸第一歩をふまれたところです。どこの海岸でも、寄せる波と返す波があるものですが、恋ヶ浦には、不思議なことに、寄せる波だけで返す波がありま

ニラの根に砂金 佐渡市

八七○年以上前の今昔物語に、能登の金児が、佐渡で金を採ったと書かれているほど、昔から砂金の産地として知られます。また四○○年以上前の文緑二年に

子持勾玉  小布施神社 佐渡市

小布施神社の境内から、日本では他にあまり例がないという、子持勾玉が掘りだされました。子持勾玉とは、勾玉の背や腹の部分に、更に小さな勾玉を十個くらい

忠子内親王・二宮神社 佐渡市

妙照寺の近くの二宮神社には、順徳上皇の第二皇女、忠子女王のお墓があります。「またも見ん 賎が機織 折橋の 折りな忘れそ 山吹の花」。いつの日見られる

賽の河原 佐渡市

二ツ亀遊歩道ぞいの波打ち際に、ポッカリと口を開けた洞窟が賽の河原です。洞窟の奥には、赤いよだれかけをかけた石の地蔵が、数本の卒塔婆を背にして立っ

長谷寺  重要文化財 佐渡市

大和の初瀬にならって創建されたとされています。藤原為兼卿も「思いきゃ 都に近き はつせ寺 山のしげみを ここにみんとは」とそっくりなのにおどろいている

慶子女王の墓 佐渡市

順徳上皇の第一皇女、慶子女王のお墓です。島で六二年の生涯を終えました。石垣をめぐらした美しい老松だけが慶子女王の恨みを知っていることでしょう。

石地蔵 良寛さん 佐渡市

昔は石屋が多く、石の地蔵さんが沢山並んでいた所です。石屋さんですからお堅いとばかり思っていましたら、「椿尾の石屋さんと馴染んで たもと移した地蔵もろ

親かくし 佐渡市

今から七~八○○年以上前に建てられたという、大変古い家が二軒ありました。その家には親かくしといって、床の間の後に人一人がやっと入るほどの、かくれ場

須恵器窯跡 佐渡市

佐渡には石器時代からの遺跡が大変多く、ことに小木街道の沿線には沢山あります。ここにも須恵器の窯跡があり、県の文化財になっています。大変規模の大き

羽茂城跡 佐渡市

今から八五四年以上前に築かれた、羽茂本間氏の居城跡です。羽茂本間氏は、河原田本間氏と共に、佐渡で二大勢力を張った城主でしたが、約四一七年以上

二見港 佐渡市

二見という名は、この村の海岸に伊勢の二見とそっくりの、双股岩があるのにちなんで名付けられたものです。「伊勢朝日 佐渡双股の 夕日かな」とよまれますよ

竜吟寺 佐渡市

本尊の聖観音像は金銅三五センチの立像で、明治四十四年に国宝の指定を受けております。

二見遊廓の跡 佐渡市

大正時代、二見の港が繁昌した当時の遊郭跡です。表の構え、母屋の作り方など、郭ならではの感じが見られ、約二○軒の遊郭跡が昔をしのばせるように残っ

真野御陵 順徳上皇 佐渡市

今から七七○年以上前、順徳上皇は鎌倉幕府を倒す計画に失敗され、承久三年七月、時の執権北条義時のためにこの島にうつされました。ご在島二二年、京都

真野宮 順徳上皇 佐渡市

昔は佐渡国分寺の末寺真輪寺があり、境内の阿弥陀堂が、順徳上皇御在島二二年間の行在所でした。上皇がなくなられると、寺では池の蔵人清範が彫った、

石抱きの梅 順徳上皇のお手植 佐渡市

順徳上皇のお手植えと伝えられ、梅が石を抱いています。島のさびしい明けくれのうち、上皇の只一つのお望みは、再び都の花を見ることだったといわれます。

八幡の里 ほととぎす啼かずの里 佐渡市

この辺り八幡の里は、一名「不添の森」「ほととぎす啼かずの里」などとよばれ、音から歌人や俳人に親しまれた所です。昔、順徳上皇がこの里でほととぎすの声

乙和池 哀れな伝説 佐渡市

鬱蒼と茂るブナの森の中に、ポッカリと神秘的な沼が青い水をたたえ、その水が年中増しもせず減りもせず、しかも真中に畳を三五○枚も敷ける程の、大きな浮島

嫁婿市行事 佐渡市

金井町吉井には、嫁婿市という行事があります。毎年正月十一日に行われるもので、お嫁に行きたい娘は、髪の結い方に印をつけ、婿に出たい二男、三男はワラ

御番所跡 佐渡市

江戸時代、佐渡は徳川幕府の天領だった為、相川には佐渡奉行所が置かれ、島全体と鉱山を治めておりました。その頃、ことに御番所が置かれ、相川へ入る品

佐渡能楽 能舞台 佐渡市

吾潟(あがた)集落には佐渡能楽の大元締本間家があります。本間家は、江戸時代のはじめから佐渡宝生流の宗家として栄え、中でも右京清房、左京宝春、明治

弾崎燈台 佐渡市

佐渡の最北端にあるのが弾崎燈台です。江戸時代には海運上重要視され、北方警備のために幕府が砲台を築いたところです。大佐渡山脈の斜面がそのまま海

観音寺 佐渡市

境内には、三一○年以上前の天和元年、天皇のお言葉にそむいて流罪となった小倉大納言、藤原実起卿親子のお墓があります。都の歌人、実起卿親子の影響

金物の町 三条市

三条といえば金物の町、隣りの燕市も、ナイフやフォークの洋食器で、世界的に有名ですが、この両市に、何故金属工業が発達したかといいますと、この付近が平坦

伊久礼神社 三条市

延喜式内(一○○○年位前)の古いお社で、このお社に古くから伝わる歌に「さいのみや いぐれが森に ひくしぬは 七重も八重も 重ねてひひびく」とあります。

三条城跡 三条市

室町時代の初期に、越後守護代長尾氏の重臣であった山吉氏が、三条島城を築いたのがはじまりで、その後、山吉氏に代って、支配者となった市橋長勝が、

大面城 御館の乱 三条市

三条城の出城としての大面城です。いまも僅かに、土塁や空堀が残っていさすが、上杉謙信の死後、跡目相続をめぐって、小田原北条氏から人質として来ていた

 

佐渡 岩場と夕日の写真.jpg

 

佐渡 岩場と夕日

 

 

本成寺 古代ハス  三条市

法華宗本成寺派総本山の本成寺です。本成寺は、日蓮上人の直弟子の、日朗上人が永仁五年(一二九七年)に開山し、実際の開基は、その弟子日印上人となって

三条別院 三条市

真宗大谷派(東本願寺派)の三条別院です。元禄三年(一六九○年)東本願寺第十六世の一如上人が創建し、同派の越後布教の中心となりました。明治十三年

新発田 新発田市

新発田市は、古くから佐々木氏の一族、新発田氏が城をかまえ、その後、慶長三年(一五九八年)に溝口秀勝侯が城主となり、以来、城下町として発展してきた所

中山安兵衛 赤穂浪士 新発田市

「飲ましや飲むとも 一斗二斗三斗 一升二升じゃ 口よごし」。呑んぺ安、又けんか安といわれ、剣道の達人で、きりつとひきしまった男前、おなじみの堀部安兵衡の

新発田城  国指定重要文化財 新発田市

「新発田十万石 あやめのお城」とうたわれるこのお城はキツネの尾引城、また、浮舟城ともよばれました。平城で、守ることを主とせずに、敵が攻めてくれば、

菅谷  菅原道真 新発田市

菅谷は、古くから越のえぞが住んでいた地方といわれ、この辺りから石器、土器が堀り出され、穴居の跡が発見されております。又、千年余り昔(延喜元年)菅原道真

菅谷不動尊  日本三大不動 新発田市

日本三大不動の一つに数えられております。今から一一○○年以上前の昔、中国から伝来したお不動様で、家内安全、商売繁昌、特に眼の病気に、霊験あらたか

月岡温泉  美人になれる温泉 新発田市

温泉の質は、硫化水素泉でその含有量は日本一といわれ、お湯の中に石けんがとけているような感じで、肌がつるつるになることから「美人になれる温泉」だそう

市島邸  日本有数の大地主 新発田市

羽越本線の月岡駅の近くに、蒲原地方の有数な豪農として知られた市島家の邸が保存されています。蒲原地方の豪農としては、斉藤家、伊藤家とこの市島家が、

上杉謙信 上越市

上杉謙信は戦国大名としてその名は高く、室町時代の享禄三年(一五三○)、越後守護代長尾為景の三男として生まれました。幼名を虎千代、元服して景虎、

越後騒動 上越市

江戸時代の前期に、高田藩に起ったお家騒動が「越後騒動」といわれています。高田藩二六万石の四代藩主松平光長の後継、綱賢(つなかた)が延宝二年(一六

高田ごぜ 上越市

高田は、「高田ごぜ」といわれる人達が住んでいた町です。高田ごぜは江戸時代の寛永元年(一八一四)の記録にあり、江戸時代、諸藩ではごぜを保護する政策

御館跡  謙信 上越市

天文二一年(一五五一一・室町時代)、関東管領上杉憲政は、自分の本拠とする上州平井城を、北条氏康に攻められて敗れ、上杉謙信を頼って越後へ逃れてき

浜の善光寺 上越市

信州中野城主高梨政頼が、武田信玄に敗けて上杉謙信のもとに逃げて来た時、長野の善光寺の前立本尊をここに移して祀ったものです。

五智国分寺   芭蕉 ・親鸞上人 上越市

国分寺は、天台宗の寺で、正しくは安国山華蔵院国分寺といい、本尊は四メートル八○センチ、(この大きさを丈六という)の釈迦・宝生・大日・薬師・阿弥陀の如来坐

鏡ケ池  親鸞上人伝説 上越市

親鸞上人伝説の遺跡の一つで、上人がゆるされて帰る時、別れを惜しむ弟子達の心を思い、この鏡ヶ池に顔をうつし、自像を刻んで残して行かれました。それが

居多ヶ浜記念堂 親鸞上人上陸地 上越市

五智近郊は親鸞上人にまつわる遺跡や伝説が数多く残されているところです。承元元年(一二○七)、都を追われた上人は、越後国府に上陸したと伝えられ、そこが

居多神社 上越市

大国主命(おおくにぬしのみこと)と奴奈川姫(ぬなかわのひめ)、建御名方命(たてみなかたのみこと)の親子神様の、三柱をお祀りしています。古くから領主のあ

米大舟 大凶作 上越市

米、大、舟と書いてペイダイショウとよばれる、古い民謡おどりがあります。今からおよそ二六○年以上前の昔、当時越後は、数年間にわたる大凶作に見舞われ、

金谷山スキー場 日本スキー発祥の地 上越市

ここは日本スキー発祥の地といわれ、明治四四年(一九一一)、オーストリアのレルヒ少佐がここで、日本に初めてスキー‐術を伝えたところとして知られています。

浄善寺 女性の参拝者 上越市

カトリック教会とまちがえられそうなお寺の建物が、民家と面白い対照をなしています。又、公孫樹は乳垂れ公孫樹とよばれ、幹といわず、枝といわず、気根が乳房

柿崎と親鸞上人 上越市

この町に浄福寺という親鸞上人ゆかりの名高いお寺があります。親鸞上人が鳥屋野の里から、国府へおかえりになったとき、降りしきる雪の米山三里の難路をこえ

米山薬師 十二薬師の加護 上越市

高さ九九二メートル、広く民謡にまで唄われ親しまれてきた名山です。山の頂には、泰澄大師の開基と伝えられる薬師さまが祀られており、昔から虫除け薬師として

光源寺 上越市

建暦一九年(一二一一)、親鸞の弟子覚円坊最信によってひらかれた光源寺です。寺には上人お旅立の立像、流人標札、越後七不思議の標本など、上人ゆかりの

越後の親鸞上人 上越市

鎌倉時代には新しい仏教が開かれましたが、越後や佐渡の地はこれに大きくかかわってきました。専修念仏を説く法然の教えがさかんになると、法然とその弟子

本願寺国府別院  愚禿親鸞 上越市

親鸞上人ゆかりのお寺です。上人ははじめ国分寺境内の草庵にお住まいになっていましたが、後に、恵信尼とともにこちらに移り四年間をすごした配所の跡といわれ

前島記念館  日本郵便の父 上越市

日本郵便の父といわれる前島密が生まれたのは高田の下池部です。昭和六年、この生誕地跡に前島記念館が建てられました。館内には郵便や通信に関する資

春日山神社  謙信の遺品 上越市

春日山の中腹には上杉謙信を記る春日山神社があります。明治二三年(一八九○)に、旧高田藩士小川澄晴らによって創建され、明治三四年(一九○一)に総ケヤ

阿比多神社  順徳天皇 上越市

少彦名命、菅原道真公が祀られてあります。順徳天皇は承久の乱の時、北条義時により越後へ流され、そのまま佐渡で悲劇の一生を終えられました。佐渡へ渡ら

林泉寺  謙信直筆の「第一義」 上越市

春日山のふもとにある曹洞宗の林泉寺は、謙信が幼少のころ学問をまなんだ上杉家ゆかりの寺です。林泉寺は明応六年(一四九七・室町時代)、謙信の祖父にあ

 

 五智国分寺.jpg

 

五智国分寺

 

居多神社.jpg

 

居多神社

 

 

春日山城跡  上杉謙信 上越市

国の特別史跡に指定された春日山城跡の頂上に立つと、高田平野、妙高の連山、頚城の山並、日本海からそして遠くにかすむ佐渡ガ島などが一望のもとに収め

鳥ヶ首岬灯台  日本海一 上越市

名立灯台ともいいます。四角いスマートな形で、機械も日本にまだ五ケ所位しかない、最新式のものだそうです。光の強さは八○万燭光(最大百十万燭光)で光達

岩屋堂観音  上杉家のお墓 上越市

越後三三番第一番の札所、岩屋堂観音です。上杉謙信の信仰あつく、能登遠征の際も祈願をこめたといわれ、境内に上杉家のお墓も残っております。

府中八幡宮 上越市

府中八幡宮は府中(直江津)の中心にあったといわれ、平安時代の貞観一二年(八七○)、石清水八幡宮を分霊して、越後の総社として歴代国司の厚い保護を受

高田城跡  日本三夜景 上越市

徳川家康の六男、松平忠輝によって築かれた高田城も榊原氏十五万石を最後に、明治四年の廃藩置県によって終りを告げました。その城跡は現在、外堀・内堀が

乙宝寺  県内屈指の古寺 胎内市

乙(きのと)にあります真言宗の乙宝寺は、新潟県内屈指の古寺で、かつては僧坊一○○○といわれるほどさかえていました。天平八年(七三六)、僧行基とインドの

猿ガ経・伝説  胎内市

乙宝寺には、「今昔物語」(十二世紀前半の成立と考えられる、わが国最大の古代説話集)や「古今著聞集」(一二五四年成立)にみえる話で、猿が法華経を書き

鳥坂城跡  天下の女丈婦 胎内市

烏坂城跡は八五○年以上前の古い城跡で、県文化財の史跡迄指定されています。平安の昔、城太郎資長がここにお城を築き、北の守りを固めておりました。天

荒川神社  海上守護の神 胎内市

荒川が日本海にそそぐ河口の左岸にあるのが桃崎浜の集落です。江戸時代には荒川湊として多くの船が出入りをし大変にぎわったところです。桃崎浜にある荒川

直江津の昔  奴奈川姫  高田市

このあたりは、現在高田市ですが、もとは春日村でした。春日村や直江津は、歴史の古い土地で、神代の昔、大国主命が出雲から日本海ぞいに北上して、だんだ

五合庵・良寛さま 燕市

「国上山 岩のこけ道 ふみならし いくたび我は 参りけらしも」。国上寺は今から一二九○年以上前の元明天皇の和銅二年、弥彦明神の発願により立てられた

国上寺 良寛さま 燕市

越後で一番古いとされるお寺です。その参道の途中に、良寛さまが四十八歳から、約十三年間生活した五合庵があります。国上寺は、いい伝えによりますと、和銅

清津峡  日本三大峡谷 十日町市

名勝清津峡は、清津川が北に流れて、信濃川に合流する途中の渓谷で、正確にいいますと、湯沢町八木沢というところから下流の中里村にかけて、約二○キロ

越後三山  只見国定公園 新潟県と福島県にまたがる

昭和四八年五月に国定公園に指定されています。奥只見湖と越後三山と呼ばれる八海山・中ノ岳・駒ヶ岳を中心とする山岳自然公園で、特に越後三山を中心と

秋山郷・平家の落人の集落 中魚沼郡 

古く鈴木牧之の「北越雪譜」にも紹介されていますが、平家の落人の集落といわれ、今でも点在する茅葺の家々が旅客の詩情を誘い、桃源境のような錯覚を感じ

長生橋  自慢の橋 長岡市

長岡小唄に「なさけかけ橋 長生橋に あがる花火に 胸もなる」とあり、長生橋は長岡ご自慢の橋です。信濃川にかけられた長さ八五○メートル、東西両長岡を

世界一花火大会 長岡市

昔から、北陸道と三国街道の分岐点であり、信濃川の中流に位置しているので陸運、水運の要所でもあり、また広大な越後平野と魚沼三郡及び上越地区を結び、

宝徳稲荷大社 長岡市

宝徳稲荷の開基は、社伝によりますと持統天皇の時代(六九○〜九七)越の国五六座の筆頭として「越国総鎮守一の宮」の格式をたまわったとあり、その歴史は

平潟神社 長岡市

昔、この辺り一帯は平方ケ原とよばれて、一面の草原であったそうで、この社は、この平方ヶ原の鎮守の神であったところから、平潟神社と呼ばれたと伝えられま

山本五十六生家 長岡市

明治十七年(一八八四年)に、旧長岡藩士の子として、長岡で生まれた山本五十六は、海軍軍人として、常にエリートコースを歩み、昭和十四年、連合艦隊司令長官

雪村友梅生誕の地 長岡市

この町から出た有名な坊さんに、友梅という人がいます。この人は幼い時仏門に入り、十八歳の時から四十の時まで中国に(当時は元といった)留学し、帰る時、

神明まつりの語り伝え 長岡市

関原の神明さまのおまつりは、毎年九月十五〜六の両日行われますが、このおまつりの当日には必ず雨が降るといわれます。今から一○○年以上前の昔、隣りの

物見の松 長岡市

「そろそろと 風吹きならす 物見松 枝はりつよく 空をかぎれり」とよまれ、この町の名物の一つ仁なっています。明治戎辰の役の時、小松宮彰仁親王を総大将

西妙寺 長岡市

七五○年以上前の昔、鎌倉幕府の執権北条時頼がこの地を訪れた時、一人の僧が現われて、時頼をねんごろにもてなしました。その折の親切を忘れかね、後に

日本海の鎌倉 長岡市

寺泊町は、新信濃川が日本海に注ぐところに位置する漁業と農業の町で、越後で最も古い港町、また日本海の海上交通の要衝として発達したところです。江戸時代

白山媛神社 海の守り神 長岡市

白山媛神社は、海の守り神として古くから船乗りの信仰を集めて来た神社で、現在の社殿は今から約二百二十年以上前の明和八年(一七七一)に再建されたもの

密蔵院(照明寺) 良寛さま 長岡市

現在の建物は昭和三十三年に復元されたものですが、こちらの密蔵院には良寛さまがしばらく住んだと言い伝えられています。良寛さまが四十五歳の頃(享和二

良寛庵跡 長岡市

郷本には良寛さまが仮住まいをした庵があります。良寛さまは、この先の出雲崎の出身で、備前の(岡山)国に十六年間ほど修業に出ていましたが、三十八歳の

聚感園・五十嵐邸跡  義経と弁慶主従が滞在 長岡市

この公園は、平安時代から豪族としてこの地方に勢力をもっていた五十嵐氏の屋敷跡を公園としたものです。その昔から五十嵐邸には多くの有名人が滞在してい

野積の名のいわれ 長岡市

ここは昔、杜氏として各地に出稼ぎに行く人達が多かったところです。弥彦の神様となった天香具山命が、神武天皇の命令でこの地にやってきた時、この辺りはま

 

清津峡.jpg

 

清津峡

 

良寛誕生の地.jpg

 

良寛誕生の地

 

 

西生寺  ミイラ 長岡市

奈良朝の名僧行基の開山といわれる古寺で、本尊は行基自身の作とされ、昔から北越屈指の霊場とされていました。今から六百年以上前の昔、弘智法印という

日蓮上人銅像  北国最初の霊地 長岡市

祖師堂の境内に日蓮上人が辻説法をしている姿の銅像が建てられています。日蓮上人は鎌倉幕府の政治のやり方を盛んに批判したため、ついに捕えられ伊豆

二人の義人  議員の模範 長岡市

南蒲原郡中之島町から「大竹」を名乗る、二人の義人が出ています。一人は江戸時代中期に、農民のために立ち上り、ついに処刑された大竹与茂七で、もう一人

与茂七地蔵  獄門の刑 長岡市

今から二六○年以上前の与茂七騒動の時、頭領の与茂七が獄門の刑をうけて、しばり首にされた処です。大竹与茂七は、当時二十八歳の若い名主でしたが、

河井継之助  入るを計らい出るを制す 長岡市

河井継之助は、越後長岡藩の小禄の家に生れ、後、その才能を買われて次第に昇進し、元治元年(一八六四)には、上席家老に抜擢されて、幕末、維新の激動

身代り地蔵の由来 長岡市

薬師峠に小さなお堂があり、そこに身代り地蔵が祀られています。昔、山向うの刈羽郡の上山田という所に。、源兵衛という人がおりました。この源兵衛さん、今な

塩之入峠の歌碑・良寛さま 長岡市

島崎からわずか四キロ程のこの峠は、昔大変けわしい峠だったそうです。艮寛様は、父の故郷であり弟の住んでいた与板へ行かれるため、よくこの峠を越された

新潟駅 新潟市

新潟駅は、昭和三十三年に、新しく造られたもので、それまではもう少し、北の方にありました。信越線が全線開通の直前の、明治三十年頃、この新潟駅をどこに

新潟市以前の歴史 新潟市

日本の歴史に現われるのは、第十代の天皇である崇神朝に、大和から各地に鎮撫のため派遣された「四道将軍」のうち、大昆古命(おおひこのみこと)がこの越(こし)

新潟市について 新潟市

古代では「渟足(ぬたり)」とよばれ、今でも市の一部に「沼垂(ぬったり)」という地名が残っています。新潟市は、信濃川と阿賀野川の二つの大きな河によって、港

新潟湊騒動  県の義人 新潟市

白山公園の中にある涌井藤四郎の碑についての話:明治五年、新潟の町は、長岡牧野藩の支配下にありました。この頃、港に土砂がたまり、舟の出入りが、不自由

太古山日長堂  明治天皇 新潟市

この地の庄屋を務めた古山家の家屋で,明治十一年九月、明治天皇が越後路においでになりました時、このお邸にお立寄りになり、その時庭内の丘に立たれて

亀田町・地名由来  新潟市

亀田は、およそ二六○年以上前、領主溝口氏が、市場を設けるために工事を行なったところ、土の中から大きな亀を掘り出し、これはめでたいしるしである、という

北方文化博物館 大地主の典型的な建築 新潟市

横越村の沢海(そうみ)という所に、北方文化博物館があります。これは、蒲原の大地主、伊藤文吉氏の邸に、昭和二十年二月、財団法人として博物館が開かれ

蒲原地方の五大地主 新潟市

新潟県下の穀倉地帯といわれている蒲原地方の千町歩地主は、伊藤:(横越村沢海)・市島(豊浦町天王)・斉藤(安田町保田)・田巻(田上町)・白勢(加治川村金子)

古町通り 新潟市

古町通りに並行して、西に西堀前通り、東に東堀前通りがあり、この一帯が商店街と、歓楽街になっています。新潟の花街は、この古町、東堀、西堀の八番町と、

白山神社と白山公園 新潟市

この辺りの地名を白山浦というように、昔の舟着場のあとです。信濃川は、大量の土砂を上流から運んで来たので、河口が段々先にのびていきましたが、江戸時代

鳥屋野潟 新潟市

広さ一五八ヘクタール、周囲十二キロの長方形の湖です。このあたりは低湿地帯で、昔は蒲原の沼地であったと伝えられます。越後平野の蒲原地域に、大小の潟

鳥屋野の逆さ竹・西方寺  親鸞上人 新潟市

信濃川ぞいにある西方寺には、親鸞上人越後七不思議の一つ、逆さ竹があります。承元三年、この地に草庵を結んだ上人は、三年間の仏の教えも空しく、信者の

万代橋 日本一長い橋でした 新潟市

信濃川の一番下流にかかるこの橋は、長さ二三七メートル、巾二四メートルのメガネ橋で、昭和四年にできました。それまでは、長さ七八二メートルで、日本一長い

第四銀行本店 新潟市

明治五年、国立銀行条例が発布され、東京、大阪、横浜と新潟に、銀行券の発行が出来る、国立銀行の設置が許されました。新潟では、第四国立銀行と名づけ

良寛堂 新潟市

破れ衣に身をつつみ、やさしくにこやかに子供達と一緒になって、かくれんぼや手まりをついて遊んだ良寛様は、今から約二四○年以上前の宝暦八年三月、出雲崎

坂口安吾生誕碑 新潟市

新潟市出身の作家坂口安吾は、いわゆる破滅派、放浪派といわれる系統に属し、かつての宇野浩二、葛西善蔵、牧野信一や、同時代での太宰治、田中英光、

「毒消し売り」の発祥の地 新潟市

角田村(現在は西蒲区)は、角兵衛獅子と並んで、越後の代表的出稼ぎにあげられる「毒消し売り」の発祥の地です。いい伝えによりますと、江戸時代の文化年間

湯の腰温泉 新潟市

湯の腰温泉はリューマチや神経痛などに効果があることから湯治客が多かったのですが、近頃は角田山登山や角田浜での海水浴の足場ともなっています。

青竜寺 親鸞 新潟市

開祖は行基で奈良朝の天平八年(七三六年)の創建といわれます。代々の国守の崇敬を受け、越後流罪中の親鸞も参篭したと伝えられていきます。新義真言

岩室温泉 新潟芸者の発祥の地 新潟市

温泉が湧き出たのは、正徳三年(一七一三年)といわれ、弥彦神社の参詣客や、北陸街道の道中客にとって、旅の疲れをいやす絶好の宿場となりました。温泉の

角田岬灯台・義経・日蓮 新潟市

角田岬灯台は、二五万カンデラの光を放つ、日本海有数の灯台で、その下に遊歩道が作られ、源義経主従が陸奥に逃げる途中かくれていたという「判官の舟隠」

七面大明神教化の巌穴 新潟市

妙光寺の近くに七面大明神教化の巌穴と呼ぱれるものがあります。その穴には頭が七つで尾が一つという気味の悪い大蛇が住みついておりました。その大蛇は

判官舟かくし 義経 新潟市

角田町の灯台の下の海岸には「判官舟かくし」と呼ばれる洞窟があります。義経の奥州への逃亡経路については諸説がありますが、今からおよそ八百年前の文治

 

 万代橋2.jpg

 

万代橋

 

 

日蓮上人と妙光寺 新潟市

角田浜は日蓮上人ゆかりの地です。鎌倉時代の文永八年(一二七一)、佐渡ガ島に流刑となった日蓮上人は、寺泊から佐渡へ送られる途中激しい風雨にあい、

菖蒲塚古墳 新潟市

土地のいい伝えによりますと、源三位頼政が、平家追討の戦いに敗れ、ここに落ちのび、妻の曹蒲御前のために作った墓であるとさこれていますが、実際は、五世

焼鮒の伝説 越後七不思議  新潟市

町内緒立(おだて)には、文久三年(一八六一年)に鷺が傷をなおしているのを見て発見されたといわれる、緒立温泉があり、また弥生式末期の土器が発掘された

波切りの御名号 越後七不思議 新潟市

平島には、これも上人越後七不思議のひとつ、波切りの名号があります。ある日、上人は托鉢からの帰りに、平島の船頭新十郎をつれて、信濃川を渡ろうとされま

「山田の焼鮒」の旧蹟 新潟市

焼鮒の伝説は、越後に流された親鸞上人が、のちに許されて、信者とこのあたりで、別離の宴を開いたとき、信者の一人が鮒を焼いてさし上げたところ、上人が、

角兵衛獅子の由来 新潟市

江戸時代の中期に、月潟村に流れて来た水戸の浪人で、角兵衛と名乗る人が、ある時、何者かに刺され、その死に際に、子供の角内、角助の二人に「敵の足の指

タコ合戦 新潟市

中之口川を挟んで、向う岸の味方村との間に、縦五間、横四間という大凧を揚げ、お互にからませては力まかせに引き、川の中へ突き落そうとする光景は、大変

笹川邸 バーナード・リーチ 新潟市

白根とのタコ合戦の相手である味方村は、重要文化財「笹川邸」があることで知られています。笹川邸は、この地方の代表的な庄屋屋敷で、文政九年(一八二六)に

黒滝城・猿ヶ馬場古戦場 新潟市

今から三八○年以上前、ここに城を構えていた黒滝左エ門が、上杉景勝の軍勢に攻められて兵糧つき、ついに落城したという悲しい歴史の跡です。この城が黒

観音寺温泉 西蒲原郡

弥彦山の麓には、甚句で知られる岩室温泉をはじめ、いくつかの温泉があります。観音寺温泉は、古くから湯治客に親しまれてきた温泉ですが、弥彦スカイライン

弥彦神社 最高の格式 西蒲原郡

弥彦神社は、越後一の宮として、今から約千二百年以上も前の、弘仁時代に作られました。全国の神社の格式をきめる「延喜式」によると、越後に五十六の式内

弥彦山 西蒲原郡

弥彦山は、標高僅か六三八メートルの小さな山ですが、南の国上山(三一三メートル)、北の多宝山(六三四メートル)とつらなって、丘陵地帯を作り、西は日本海、

鍾馗祭 東蒲原郡

この川筋の各地で行われている祭に”ショウキ祭”があります。遠く天正年間、コレラが流行した折、悪病除けのために祀ったのがはじめとされ、以来、毎年三月八

小瀬ケ沢洞穴 我が国最古 東蒲原郡

”室谷ゼンマイ”の名で知られるゼンマイの産地で、他に山林、炭焼きなどを生計としています。昭和三二年十一月、この集落の近くで、一万年も前に、人類が住んで

麒麟山城址  不落の城 東蒲原郡

別名を”狐戻城”ともよばれます。この山(一九五メートル)に城が築かれたのは鎌倉時代で、その後三○○年は、会津の芦名家の武将、金上氏代々の居城でした

津川町  新日本観光地百選 東蒲原郡

津川町は、江戸時代には、会津街道の要所として栄え、会津藩の代官所がおかれた所です。「川の港で栄えた津川 出船入船五百そう」という津川甚句の唄のよう

御前ヶ鼻の伝説  玉子を食べない 東蒲原郡

このあたりでは、にわとりや玉子を食べない、という風習があるそうですが、それには次のような伝説があります。岩谷の館に住む平維茂が、病を得て危篤状態に

舟祝の行事 東蒲原郡

このあたりでは、旧正月の十一日早朝に、舟祝という行事があります。村人たちは、自分の舟に松をかざり、お神酒をそなえて、舟魂さまに新らしい年の幸を祈りま

惣座峠(旧道) 東蒲原郡

昔は会津と越後を結ぶ重要な街道で、人馬の往来でにぎわった道でした。若松街道、一名会津街道ともいい、この道も、大正三年、鉄道が開通してからは歩く人も

お鶴ケ沼  悲しい伝説の川 東蒲原郡

ある年の春、風邪をこじらせた殿様のために、城山のふもとの温泉(キリン山温泉)を運んで体をあたためてみようと重臣たちの相談がきまりました。何しろ、キリン

平等寺 日光、月光の菩薩像は、国宝級 東蒲原郡

曹洞宗岩谷山平等寺といい、平維茂の建立と伝えられます。境内には、永正年間に建てられたという、大変古い薬師堂があります。この薬師堂は、平維茂が、

キリン山温泉 東蒲原郡

又の名を湯の浦温泉ともよばれ、豊臣時代の発見と伝えられます。阿賀野川の流れにのぞみ、川岸には柳と岩が調和して、松の木の茂る麒麟山を近くに仰ぎみ

小花地 美しい眺め 東蒲原郡

阿賀野川ラインの中で、一番眺めの美しい所です。深い谷間なので、朝夕の寒暖の差がはげしく、そのため四季を問わず、深い霧が流れています。以前はこの流れ

全海堂  全海のミイラ 東蒲原郡

キリン山温泉の近くに、鹿の瀬町があります。この町には、観音堂とよばれる、曹洞宗のお寺があります。境内には、全海のミイラを祀る全海堂があります。伝説

出雲崎・芭蕉 三島郡

「荒海や 佐渡によこたふ 天河」と歌ったのは、出雲崎での作といわれています。芭蕉が弟子の曽良を伴って、この旅に出たのは元禄二年(一六八九)の三月末

良寛記念館  良寛一代記 三島郡

白一色のモダンな建物、東京工芸大学教授谷口吉郎工学博士の設計で、古風な書院造と、モダンな建築をミックスさせた建物だそうです。昭和四○年五月に開館

島崎における良寛様 三島郡

良寛様が文化元年から、二十三年もの長い間、住みなれた国上山を下り、島崎の木村元右衛門の家へ移られたのは、文政九年の晩秋、六十九歳の時でした。

大凧合戦 見附市

毎年六月(毎年6月の第1土曜日~月曜日の3日間)には、此処で二百数十年もの伝統を誇る、大凧合戦が行われます。「越後今町 男の盛り ハヨイショ 凧の

坂戸城 板額女房 南魚沼郡

城氏の初代は、出羽秋田城介であった繁成という人で、平安朝の中頃まで、中央政府の威勢が及ばず、この国が混乱状態にあったとき、繁成は秋田から南下し

塩沢結城 南魚沼郡

歴史的に見ると、伝統的な織物の町であることが、最大の特徴といえましょう。昭和五十五年に、五十一歳で急死した作家立原正秋の「紬の里」は、伝統を誇る

 

 弥彦神社.jpg

 

弥彦神社

 

 弥彦山.jpg

 

弥彦山

 

 

立花正秋と「紬の里」  南魚沼郡

近代耽美主義の作家といわれる立原正秋は、その後半期の作品に、好んで日本の中世、ことに室町時代に開花した芸術、たとえば能、茶道、華道や日本舞踊

脇本陣「池田屋」 南魚沼郡

幕末の戊辰戦争で、このあたり一帯は兵火で焼失しましたが、当時の脇本陣「池田屋」だけは焼失を免かれました。県指定の史跡です。

浅貝の宿 南魚沼郡

上州永井の宿を出た旅人達は、ここ浅貝まで山深き三国の峠を登りつめて、ようやく越後路へと足をふみ入れるのです。ここ「浅貝の宿」は、この先二居、三俣

赤湯温泉の露天風呂  南魚沼郡

名物赤湯温泉の露天風呂は、五色の色を映しながら、清津の川岸にけむっている。雨露をしながら、清津の川岸にけむっています。雨露をしのぐぱかりの一軒の

不出ヶ原 二度と帰ってこられない 南魚沼郡

「火打ち峠」を出た右側に不出原、不出ヶ沢と言われる広場があります。不出原、不出ヶ沢と言われるこの谷間は、入口が広く、いかにも落ちついている風景は、

二居本陣 南魚沼郡

本陣は問屋も兼ねていたので、道より三、四間引込んで建てられ、広場には馬の背につけられて三俣や浅貝から積まれて来た荷物が下され、二居の馬につけ

三俣の大雪崩 南魚沼郡

ここ三俣の集落は、宿場町や本陣、脇本陣など歴史的に有名です。しかしまた大きな悲しい思い出を持つ集落として今日でも人々に忘れられておりません。それは

三俣の本陣と脇本陣 南魚沼郡

三俣本陣は、主に長岡牧野越前の守、村松堀丹波の守、等々が宿泊しましたが、後に長岡牧野大名の手で脇本陣が建てられました。その他、越後商人、関東商

貝掛温泉 南魚沼郡

伝説によれば、鎌倉時代に全国を行脚して歩いた白雲禅師の開湯とされている。室町時代の末期、長享二年に通っていった京都長福寺の僧、万里集九がその時

湯沢温泉  南魚沼郡

湯沢温泉の開湯の歴史は古く、鎌倉時代の初期、新発田の住人高橋半六の開湯と伝えられています。ここは三国街道(今の国道十七号線)の街道筋に当り、

湯沢温泉と小説「雪国」  南魚沼郡

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。」という書きだしではじまる、川端康成の名作「雪国」の舞台となった湯沢温泉は、今も昔と変ら

小出町 南魚沼郡

歴史的にみて、古くから開け、時代ごとに特色のある変遷をみせた町です。鎌倉時代の末期には、上野(群馬県)の新田氏の一族が、この一帯を支配していまし

関興寺 高い格式 南魚沼郡

関興寺は応永十七年(一四一○年)に、関東管領家で越後守護の、上杉憲顕(山内上杉の祖)が普覚円光を開祖として建立したもので、当時は末寺三○○を持つ

普光寺の押合祭  谷文晃の竜の絵 南魚沼郡

三月三日の日没から始まり、男は裸、女は単衣に細帯だけで、まず不動滝で斉戒汰浴ののち、本堂である毘沙門堂に入り、「オーサイ、ヨーサイ」と掛け声を叫び

薬照寺 古刹 南魚沼郡

太平洋戦争中、日本に協力したビルマの指導者パーモさんが、昭和二十年八月に十七日から約五カ月間、日本に亡命して、この寺に住んでおられたのです。

雲洞庵 上杉家の菩提所 南魚沼郡

開山の由来が明かでありませんが、伝説によると、奈良時代の養老年間(七一七~七二四年)母が草庵を結んだあとに藤原房前(鎌足の孫)が建立したといわれ

鈴木牧之記念館・北越雪譜 谷文晃 葛飾北斉 南魚沼郡

鈴木牧之は明和七年(一七七○年)塩沢に生れ、家業は質屋と縮布の仲買を兼ねた、大きな商家でした。父も周月庵牧水と号し、俳句を得意とするこの土地きって

燕温泉 弘法大師発見の湯  妙高市

燕温泉は標高一二○○メートルのところにあり、弘法大師発見の湯と伝えられ、妙高高原の温泉郷のなかで一番高いところにあります。そのため夏でもすずしく、

赤倉温泉 岡倉天心 妙高市

標高は七五○メートルで、和銅元年(七○八~七一四)元明天皇の御代に裸形上人が、初めて妙高山に登って、阿弥陀三尊を安置された時に発見され、後に弘法

岡倉天心堂 妙高市

日本近代美術界の先覚者、岡倉天心(一八六二~一九一三)の記念堂が赤倉温泉にあります。赤倉の自然と風光を愛し、別荘を建て、病を患ってからは、この地で

鮫ケ尾城跡 妙高市

標高一八三メートルのところにある城山が、鮫ガ尾城の跡です。この城は、上杉謙信が春日山城の支城として築き、信越方面を警備する重要な場所でした。天正

東本願寺新井別院 恵信尼の像  妙高市

一般には”新井御坊”とよばれ親しまれています。この地には、戦国末期に信州から移転してきた、真宗の願生寺がありました。願生寺は高田の浄興寺と説教の

池の平温泉 妙高市

温泉の南にあるイモリ池を中心に一・三キロの散策が楽しめ、自然観察ができる妙高高原ビジターセンターもあります。温泉は単純硫黄泉で七五度、南地獄谷か

関川関所跡 妙高市

江戸時代には、北国街道を加賀百万石の大名行列も往来したという、越後国の五ケ所の関所のうち、交通の要衝として重要な役割をはたしていたところです。

関山神社 法隆寺の夢殿観音によく似て 妙高市

関山神社はもと、神仏の宿る山とあがめられてきた妙高山の里宮として、和銅元年(七○八)裸行上人(らぎょうしょうにん)が建てたと伝えられ、古くは関山権現と

妙高堂の三尊仏・関山石仏群 妙高市

関山神社の境内に妙高堂があります。この堂のなかには善光寺式三尊仏があり、木曽義仲が戦勝祈願のため、妙高山頂にまつったものと伝えられ、それがたび

関温泉 最古の温泉スキー場 妙高市

妙高村の西部にあって、妙高高原温泉郷でもつとも北にあるのが関温泉です。大田切川の清流にのぞみ上杉謙信の時代から、”関山の湯”として知られ、わが国

新赤倉温泉 妙高市

新赤倉温泉は池の平温泉と赤倉温泉の中間にあって、大正十二年、赤倉温泉から引き湯をして、別荘地として開発されたところです。シラカバ林やツツジに囲ま

斐太史跡公園 妙高市

斐太神社の裏山に上の平竪穴群と北にある百両山竪穴群とよばれるところから、合計七一基の竪穴住居の跡がみつかっています。ここが斐太遣跡とよばれる

斐太神社 妙高市

大国主命を祀る延喜式内社、斐太神社です。創建は平安時代はじめの大同二年(八○七)と伝えられ、斐太地区の産士神としてあがめまつられています。

 

六角堂.jpg

 

六角堂

 

堆朱堆墨 村上市

村上の誇る工芸品に、堆朱、堆墨という漆器があります。普通の漆器と違い、中国風の模様に、日本人特有のすぐれた技術を加えた美術工芸品で、丈夫なこと、

村上茶 村上市

村上はお茶の産地としても知れら、歌にも ちゃんちゃ茶籠に 「想いをつんで 色も香りも濃い 玉露の味は 茶もみ唄から 出てトロリ サァ村上 おらだ里」とうたわ

岩船町 名の由来 村上市

神代の昔、弥彦神社のご祭神、天香具山命(あめのかぐやまのみこと)のお父さんにあたる、にぎ速日命がこの地方を開発されたといわれます。にぎ速日命は

磐舟の柵 村上市

岩船は、歴史に名高い磐舟の柵のある所です。今から約一三五○年以上前の大化四年(六四八)征討将軍、阿倍比羅夫はこの地に磐舟の柵を築き、、猛威を

諸上寺 村上市

このお寺には、西国三三ケ所から持ち寄った土で作られた霊塔の中に、三三体の観音罰像が安置されてあります。「花を見るなら岩船の諸上寺 梅に桜につつじ

石船神社 村上市

神社隣の大きな石碑は「磐船の柵」の跡を記念して建てたものです。お社には岩船の町を開発された、ニギハヤヒノミコトがお祀りされています。又、貴船大明神を

石船神社の由来 村上市

ある年の暮れも近い夕暮れの事でした。岩船の浜をめざして、はるか沖合から、せっせと船をこいで来る、見なれない老人がおりました。その老人はどことなく気品

奥三面集落 平家の落武者 村上市

三面川の上流には、平家の落武者が住んでいたといわれる、奥三面集落がありました。戸数三○戸余り、人口二五○人という、ささやかな集落で山だけがたより

三面川の鮭 村上市

三面川の鮭は、昔から親しまれてきた村上名物の一つです。村上の殿様は鮭の養殖に大変力を入れ、昔から藩の侍たたちによって、その事業が行われて来まし

不斉寺 不思議な墓石 村上市

大場沢には不斉寺というお寺があり、このお寺の墓地の一隅には、代々の住職の墓石が並んでいます。不思議なことに大小の差はありますが、どれも丸い石で、

漆山神社 村上市

今から一、二五○年以上前の建立といわれる古いお社で、又の名を矢ブキ明神ともいいます。昔、源義家が奥州征伐をした時、このぶどう峠の難所に軍を進めた

笹川流れ 村上市

日本海の荒波に削られた花嵐岩の岩がさままな形をつくっている。二子岩、兜岩、めがね岩、獅子岩、地蔵洞などが代表的な名所。頼三樹三郎は「松島はこの美

藤基神社 日光東照宮と同じ権現造 村上市

社殿は、総欅造りで、日光東照宮と同じ権現造りです。嘉永二年(一八四九年)に当時の工匠が八年の歳月を費やして造りあげたものです。内藤藩家中の崇敬が

小揚げ集落 キリシタン信者 村上市

小揚げ集落があります。昔、加治の佐倉木盛綱の武将、海津宗三郎入道が、人里はなれたこの山の中に、要塞堅固なお城をかまえておりました。海津家は数代

瀬波温泉 夕景も 村上市

この温泉は海岸の松林と砂丘の間にあり、夏は海水浴と温泉の二刀流です。明治三七年に石油をめあてに地下二五○メートル程堀りましたところ、お湯が噴き出

十川 村上市

十川という集落があります。この集落には、ミササギというこんもりとした森があり、先年耕地整理を行ったところ、鉦鼓が出て参りました。これは頼仁(よりひと)親王

大栗田のアマメハギ行事  要無形民俗文化財 村上市

大栗田集落に、秋田県の男鹿半島に伝わるナマハゲという行事とそっくりの、アマメハギーという珍らしい行事があります。こたつなどで長く火にあたっていますと、

村上城 村上市

臥牛山(がぎゅうさん)は標高一三五メートルで、村上藩歴代の居城、村上城がありました。この村上城は舞鶴城とも呼ばれ、朝夕美しく輝いていた天守閣も、おし

布部集落 ドーラク神様 村上市

この集落に「ドーラク神様」と呼ばれる神様が祀られています。この神様は、この辺りの言葉でモジクレタ神様といい、モジクレタというのは、ヒネクレタという意味で

西奈弥羽黒神社 県下三大祭 村上市

持統天皇元年(六九○)の創建と伝えられています。「天守やぐらのお羽黒様は七日祭りに八日の神楽(かぐら)親にかえても見にござれ」と唄われ、七月七日のお祭

平林城跡 国の史跡 村上市

平林城跡は、鎌倉時代から戦国時代の終りまでの約四○○年間、このあたりを支配してきました色部氏の城があったところです。色部氏は鎌倉時代の初めに関東

城山(村上城跡) 哀れな戦い 村上市

標高一三五メートルの臥牛山の山頂が県史跡の村上城の跡です。慶長三年(一五九八)に村上義明が要害を修築、元和四年(一六一八)には堀直奇が入封し

三面 伝説1 村上市

昔、勝成裕(かつなりひろし)という、米沢藩に仕えていた医者がおりました。ある時、藩主上杉ようざん公から千古の秘境といわれる三面の谷に、薬草を探せと命

三面 伝説2 一人生き残った平家 村上市

ある日、三面川の下流に金梨子(きんなし)地に、揚羽の蝶の紋のついた、きれいな箱が流れてきました。それは今までに誰も見た事もない、大変珍らしいもので、

耕雲寺 村上市

今から六○○年程前の応永元年、楠正成の孫にあたる傑堂という人が建立したもので、石瀬の種月寺などと共に、越後の四大道場の一つです。明治十九年

山辺里織 村上市

村上の特産として名高い山辺里織。この織物は、農家の主婦や娘さんの手内職として、今から二○○年程前から織られてきました。殿様の保護もあって、村上

苗場山 名の由来 湯沢町、津南町

苗場山は海抜二一四五メートル、近在の中では最も高い。頂上からの眺望は美しく、アルプスを始め、佐渡も見渡せる。頂上に四キロ四方の広野を持つ山で有名

 

笹川流れ2.jpg

 

笹川流れ