インフォメーション

2020-07-25 09:52:00

合浦公園・八甲田

青森県青森市合浦2丁目16

017-734-1111

-------------------------------

 

合浦公園は市街地の東端に近く、広い公園内には由緒ある古松や桜が植えられています。前面には波静かな青森湾がひろがり、背後には八甲田の連山を仰ぎ見る、青森市民の自慢の公園です。この公園から仰ぎ見る青森市民のふるさとの山、八甲田山は、青森市街地から見えるのは南北八甲田のうち北八甲田です。標高一五八五メ-トルの主峰八甲田大岳を中心に十峰からなり、青森市側からはそのうち八つの峰を望むことができ、八甲田という山の名前もここからつけられたといわれます。

青森湾に面してつくられた合浦公園は、旧津軽藩の庭師、水原衛作が、明治十四年に着手し、資金難のため、自ら木を植え石を運ぶという苦労をしたのですが、完成を見る事なく亡くなり、その後、弟巳十郎が遣志をつぎ、困難を乗り越え、一八九四年に完成し、青森に寄付いたしました。園内には、その記念碑が残るほか、啄木の文学碑などがあります。園内には五百本をこす桜の染井吉野があり、松との調和もよく、南に八甲田連峰、北に下北半島を望む、風光明楯な海浜公園として、市民の憩いの場となっております。