インフォメーション

2020-07-25 10:57:00

愛宕山 あたごやま

青森県上北郡野辺地町

0175-64-2111

--------------------------

 

麓一帯は公園になっており、桜、ツツジがほどよく配され、町の人々の憩の場所となっています。公園内には、松尾芭蕉の句碑や、石川啄木の歌碑が建っております。「潮香る 北の浜辺の 砂山の かのハマナスよ 今年も咲けるや (啄木)」野辺地と啄木のつながりは、野辺地の常光寺に伯父(啄木の母、カツの兄)さんが、住職として住んでいましたので、立ち寄った事も度々だったようです。啄木が最初に野辺地を訪れましたのは、明治三十七年九月二十九日で、その時の印象を友人に書き送っています。三、四時間、野辺地ヶ浜に下車して、咲き残るハマナスの花を摘み、赤きその実を漁童と味わいなどして…。ハマナスに詩情を寄せて作った歌を、啄木ゆかりの土地に歌碑として建てました。また、公園内には明治天皇巡幸記念に建てられた愛馬花鳥号の銅像もあります。(標高六十五メートル)