インフォメーション

2020-07-25 14:55:00

中野紅葉山・中野神社 なかのもみじやま・じんじゃ

青森県黒石市南中野不動舘27

---------------------------------

 

浅瀬石川と中野川の合流点付近に中野紅葉山と呼ばれる高さ二六九メートルの小山があります。ここは中野神社の境内で、津軽藩九代藩主寧親(やすちか)が、京都から一○○種のカエデを移植したと伝えられ、不動の滝と調和した紅葉の頃のながめは特にすばらしく、古くから紅葉狩りの名所として知られていました。中野神社は中野の不動とも呼ばれ、古懸(こがけ)の国上寺(碇ヶ関村古懸)、長谷沢(ながいさわ)神社(黒石市上十川)の不動とともに「津軽三不動」といわれ一日で三不動を参拝すれば、ご利益が多いと信仰されています。