インフォメーション

2020-07-25 16:07:00

奥入瀬渓流 おいらせけいりゅう

青森県十和田市十和田湖畔子ノ口から焼山まで

0176-51-6770

--------------------------------------------------

 

子ノロから焼山までの区間約一四・二キロメ1トル(奥入瀬上流)を奥入瀬渓流と呼んでいます。十和田湖の湖水の美しさを「静」とするならば、奥入瀬渓流は対照的な「動」を表わし、急流・滝・水・岩・樹林帯などが次々に変化をし、美しい渓流をつくり出しています。紅葉の頃はもちろん、新緑や冬の雪景色も味わい深いものがあり、東北の代表的な景勝地となっています。旅を愛し、酒を愛した歌人大町桂月は「住まば日の本 遊ぱば十和田 歩けや奥入瀬 三里半」とたたえており、桂月を知らない人でも、ここえ来ればこの下の句の”歩けや奥入瀬三里半”を自然に口ずさむほど有名な歌です。またこのほかに「右ひだり 桂もみじの 影にして 滝を見る目の いとまなきかな」ともうたっています。渓流は清例そのもので、水量も常に増減がなく、激流に洗われる岩や両岸は、コケやシダ類の緑におおわれ、渓流の美しさを一そう深めています。