インフォメーション

2020-07-25 16:56:00

新渡戸伝のお墓 にとべつとうのはか

青森県十和田市東三番町24−1

------------------------------------

 

森の見える所は十和田市の開拓者、新渡戸伝のお墓のある太素塚です。また両脇に、息子十次郎、と、孫の稲造博士のお墓も並んでいます。白亜二階建ての内部には、不毛の原といわれた火山灰台地三本木原に稲生川を開通させ、現在の十和田市の基礎を築いた新渡戸伝をはじめ親子三代にわたる開拓資料や遺品、歴史資料、開拓測量具、工具、絵、図画などが展示されています。伝の孫で五千円に使われた稲造の肖像画をはじめ、蔵書、遺品も納められています。