インフォメーション

2020-07-27 13:18:00

秋田民謡

自分の生活とかけ離れた土地を訪れ、見たり聞いたり、口で味わうその土地の印象は、忘れられない思い出として心に残ると思います。自然の風景の中に歌いつがれてきた秋田の代表的な民謡に、「秋田おばこ」と、「秋田音頭」があります。「秋田音頭」は、藩政時代、「お国音頭」ともいわれた民謡で、寛文三年(一六六三)藩主・佐竹義隆の時、柔術の型をとって舞踊化し藩主へ手踊り上覧に供したのに始まると伝えられます。