インフォメーション

2020-07-27 13:19:00

雄物川 おものがわ

 

秋田県南部、山形県との県境に近い雄勝郡雄勝町上院内南沢に源を発し、県内最大の穀倉地帯である横手盆地をうるおし、出羽山地に先行谷をきざんだのち秋田平野にはいいり、日本海にそそぐ、全長百三十三キロの県内最大の河川です。江戸時代には仙北米の一大生産地や、院内や荒川の鉱山をひかえ、舟運はたいへん栄えたのですが、一九○五年(明治三十八年)に奥羽本線が、つづいて二四年(大正十三年)に羽越本線が開通してからは急速に衰えはじめ、六○年(昭和三十五年)に舟運はすっかり姿を消しました。