インフォメーション

2020-07-27 13:21:00

館の堀の内 たてのほりのうち

秋田県内の各地で、”堀の内”の地名や”館の跡”、とよばれる遺跡が数多くありますが、これらはいずれも、中世農村内における、領主的な役割りを持った土豪の屋敷のあとを示したものです。特にまわりに堀をほり、土居を高く築いた土豪屋敷を”堀の内”といい、その屋敷が丘陵をようしているときには”館”といっています。