インフォメーション

2020-07-27 13:26:00

羽州街道 うしゅうかいどう

秋田県・青森県・山形県・福島県

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

国道一三号に、ほぼ並行して通っている道を羽州街道といいます。江戸時代に五街道の一つである奥州街道の脇街道としてつくられましたが、秋田藩は産業の開発や、領国支配の必要から道路の整備維持をすすめ、宿駅などを定めて主街道としての羽州街道をつくりあげています。この街道は秋田藩領内を南北につらぬき、北は弘前から青森にいたり、南は山形・米沢をへて福島で奥州街道と合わさり、江戸へと向っています。さらに、羽州街道の脇街道をつくり、周辺村落と流通をはかるなど、久保田(秋田)を中心とする政治・経済の支配体制をととのえてゆきました。