インフォメーション

2020-07-27 14:43:00

大館の祭り おおだてもまつり

大館では冬の風物詩「アメッコ市」が二月一一、一二日の両日に大町通りを中心に開かれます。四○○年以上の伝統を誇こるこの市は、田代岱(一一二八m)に住むという白ひげ大明神も、吹雪の中に姿を隠してアメを買いにくるという伝説もあり、当日はサンタクロース風の白ひげ大明神が登場するようになりました。昔からこのアメッコ市のアメを食べると風邪をひかないという言い伝えがあり、大館市近辺の人たちは朝早くからアメを買いに出かけて来ます。アメの種類はアメ玉の他、トリコシバという木の枝にアメをさして稲穂にみせた枝アメやどこまでも金太郎の顔が出てくる切りアメ、秋田犬、鳥などの形をした細工アメなどがあります。