インフォメーション

2020-07-27 16:20:00

大滝温泉 おおたきおんせん

大館市十二所

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

温泉の歴史は古く、約一五○○年の昔、どこからともなく一羽の傷ついた鶴が舞いおり、草むらで憩うこと数日、再びどこかへ飛び去って行きました。村人は不思議に思い、鶴の舞い下りた場所を探してみると、二つの温泉がわき出ているのを発見しました。これを鶴ノ湯、芒ノ湯(すすきのゆ)と名付け、神様からの授りものとして近くに薬師堂をたて、薬湯としたのが大滝温泉の始まりと伝えられています。藩制時代には藩主が湯治に訪れたとの記録もあり、紀行家・菅江真澄も江戸時代の後期に滞在し、『すすきの出湯』を書き残しています。