インフォメーション

2020-07-27 21:52:00

二井田 にいだ

大館市二井田

ーーーーーーーーーーーーー

二井田の集落は、古くから”贄(にえ)の里”や”館(たて)”の古い地名が残るところから「贄柵(にえのさく)」があったところといわれています。源頼朝の奥州征討にあった平泉の藤原泰衡が蝦夷に渡ろうとして贄柵に立ち寄った際に、河田次郎が家来をつかわして攻め殺しました。河田次郎は泰衡の首を頼朝の陣に届けましたが、逆に譜代の恩を忘れたとして、河田次郎は斬罪に処されてしまいました。その泰衡をうったところがこの二井田だということです。