インフォメーション

2020-07-27 22:45:00

石焼き料理 いしやきりょうり

男鹿市戸

ーーーーーーーーーーーーー

男鹿の味覚の主たるものはやはり海産物。男鹿半島には、古くからつたえられている、海産物をつかった石焼き料理があります。とりたての魚介を材料に料理をするもので、むかし漁師が岩のくぼみを利用して海藻や魚介類、山菜をいれて水をそそぎ、焚火で焼いた浜石を投げ入れ沸騰させて食べた手料理だといわれています。いまは木でつくった手桶にとりたてのアワビやサザエ、タイなどの魚と海藻をいれて水をそそぎ、その中に炭火で赤く熱した浜の石を十個ほどほうりこみます。こうすると中がしだいに煮えたってきて、おいしい石焼き料理ができます。