インフォメーション

2020-07-28 10:13:00

双六館・御前落しの館 すごろくだて

男鹿市船川港双六字館山

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

時は戦国の世、館山崎に館をかまえていた阿部千寿丸(ちひろまる)は、安東脩季(ながすえ)に攻めこまれて自刃し、御前は断崖に身を投げたといわれています。いらいこの断崖絶壁を御前落しとよぶようになったといいます。