インフォメーション

2020-07-29 22:13:00

六郷町 ろくごうまち

仙北郡六郷町

ーーーーーーーーーーーーーーーー

六郷という地名についてはいろいろな説がありますが、それを二、三ご紹介いたします。その昔、家々の集りを「郷」といっていますが、この辺りには六つの郷があったので六郷と呼ばれるようになったという説があります。また別の説では、鎌倉時代に関東の六郷から入った二階堂(六郷)氏が、関東の六郷と同じ地名をつけたといい、いやいやこの六郷は、アイヌ語の「清い水たまりのある場所」の意味の「ルココ、ツイ」とする説があるほど、町内には清水が湧出る町として有名なので、アイヌ語に由来するなど、たくさんの説があります。六郷は江戸時代になりますと秋田藩祖佐竹義宣の父、義重が隠居所として館を構え、東方の守りのために配した寺社が、今でも二七ヶ所も数えられます。