インフォメーション

2020-07-29 22:14:00

駒ケ岳 こまがだけ

仙北市・岩手県雫石町

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

標高一、六三七メートルの駒ヶ岳は、田沢湖の北東、岩手県境近くにそびえる二重式火山で、那須火山帯に属します。典形的なコニーデ式山容を持つ大きな山で、別名、秋田駒とも呼ばれております。第一次火口の内部は、女岳と呼ぶ中央火口岳があり、その北に男岳(一六三二)、最高峰の男女(おなめ)岳(一六一二七)、そして横岳などの外輪山からなっており、長く火山活動を停止、休火山といわれていましたが、昭和四十五年、女岳が突然爆発し、噴火は四ヶ月で静まりました。頂上一帯は高山植物の宝庫で、国の天然記念物に指定されております。険しい山ですが、田沢湖駅から八合目まではバスが登り、山麓から八合目近くまでへ夏冬兼用の登山リフトがありますので登りやすくなっています。叉、駒ヶ岳は豊富な高山植物の美しい事でも知られ、北日本での自然植物園ともいわれ、種類は数百におよび、中でも大焼砂のコマクサ群落は圧巻とされています。