インフォメーション

2020-07-29 22:17:00

角館・武家屋敷 かくのだて・ぶけやしき

仙北市角館町

0187-54-2700

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

佐竹藩の城下町として栄えた角館の町は、現在の役場を境にして、武家町と町人町に別れていますが、武家町のうち表町上丁、表町下丁、東勝楽丁の六九万平方キロの地域が、重要伝統的建造物保存地区に選定されております。天然記念物の枝垂桜など、深い木立に囲まれた武家屋敷が続き、県の重要文化財に指定されている青柳、岩橋両家と、松本家が公開されています。武家屋敷の南の商人町には、土蔵造りの楽局坂本家、小店の残る酒屋五井家、レンガ造りの安藤家、大地主の豪壮な構えの太田家などがあり、町の西方には曲家の農家も点在しています。