インフォメーション

2020-07-30 16:34:00

北楢岡 きたならおか

大仙市北楢岡

ーーーーーーーーーーーーーー

神岡町の北楢岡です。ここは昭和二一年五月と、三二年五月の二度に渡って大火にみまわれ、町の大部分が焼けてしまった、悲しい記録を残しています。ここはまた、以前は「神宮寺新町」とよばれ、「あめ売り節」に唄われたところです。「ハア 神宮寺新町 日ぐれに通れば 姉と妹が 門だちなさる 姉もよけれど 妹におとる 妹ほしさに ご立願かける」あめ売り節ができたのは、明治六年頃といわれます。語り物の形をとった一種の数え唄で、すり鉦を打ちながら町から村へと出かけるあめ売りたちによって、人寄せとサービスで唄われたこの土地の代表的民謡です。