インフォメーション

2020-07-30 16:37:00

唐松神社 からまつじんじゃ

大仙市協和境下台84

018-892-3002

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本陣跡のすぐそばに鳥居があり、樹令三百年あまりの杉の大木が、社殿にいたる参道の両側に続いています。この杉は藩主佐竹義処の延宝年間(一六七三〜八一)に植えたと伝えられ、県の天然記念物に指定されています。神功皇后が創建し、康平六年(一○六三)に源義家によって再建されたと伝えられ、子授けと安産の神が祭られているために、女性の信仰を大いに集めています。戦国の昔、このあたりが戦場になったことがあります。横手城主小野寺義道が秋田を攻めるために兵を進め、刈和野に陣をしきました。急を聞いた湊城主秋田実季は境まで軍を出し、唐松野に陣取りました。数度の合戦で結着がつかず、一進一退の末に双方とも引き上げて行きました。この戦さは、唐松野の合戦として後世に語り伝えられています。また、時代は下って戊辰戦争のおりにも激戦地の一つとなっています。