インフォメーション

2020-07-30 21:52:00

番神の大杉 ばんじんのおおすぎ

平鹿郡山内村筏植田表56 筏隊山神社

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

黒沢川に沿った筏地区には”番神の大杉”と呼ばれる杉の木があります。樹齢一○○○年、高さ六○メー‐トル余、幹の周囲六メートルで両叉に分かれた所に桜の木が寄生し、春には欄満の花をつけます。また、樹木の一部に乳房の形桑としたコブがあり、授乳の霊験がある木とも伝えられ、地元の人々からあがめ衿つれている神木です。大杉のそばにある比叡神社(三十番神社)は、大同三年(八○八・平安時代前期)の草創と伝わる古い神社で元日に付近の人たちが一年の願いごとをかけるならわしがあります。