インフォメーション

2020-07-30 22:02:00

森山の伝説 もりやまのでんせつ

南秋田郡五城目町

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

森山の後のほうにもうひとつ山が見えていますが、どちらも森山で手前を「一日市の森山」、おくを「馬場目の森山」といいどちらの頂上にも社(やしろ)があります。土地の人は手前を妹の森山、おくを姉の森山とよんでいますが、お参りは手前の美しい妹の森山にしかしません。姉の森山は「二人は姉妹であり、名前も同じなのに、どうして人は妹のほうにだけにしか行かないのだろう」とはげしく嫉妬し、妹の森山目がけて巨大な石を投げつけました。しかし妹の森山にはとどかず、悔しさと悲しさのあまり涙を流しました。その涙が川になり、のちに人々はこれを、馬場目川とよぶようになったということです。