インフォメーション

2020-07-30 22:04:00

八郎まつり はちろうまつり

南秋田郡昭和町

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昭和町では、八郎潟の主八郎太郎と、田沢湖の主辰子姫の恋物語をすえながく伝えようと、一九六七年(昭和四十二年)から毎年八月十六日と十七日に、八郎まつりをおこなっています。竹かごでつくった長さ五十メートルの八郎太郎の化身である竜を、左右にゆさぶりながら若者がかつぎ、町内をねり歩きます。夕方になると馬踏川を船で八郎潟までくだり、このとき、華麗な花火がつぎつぎに打ちあげられ、まつりは最高潮にたっします。