インフォメーション

2020-07-30 22:10:00

藤琴川の伝説 ふじことがわのでんせつ

山本郡二ツ井町・藤里町

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

藤琴川、たいへんきれいな名前ですが、この由来をお話いたしましょう。この藤琴川を十二キロほどさかのぼりますと、一の渡という集落があります。むかしその付近は蝦夷の居住地でした。一の渡の台地に砦をきずいて住んでいた酋長黒鷲丸に、この世の人とは思われぬような美しい娘がおりました。娘は藤姫とよばれ琴がたいそう上手で、妙(たえ)なる調べを山間の里に響かせ、人々を慰めておりました。はじめ人々はその音を「藤姫の琴」とたたえておりましたが、これがいつしか「藤琴」となり、砦の下に流れる川を、「藤琴の音色の流れる川」というところから、だれともなく「藤琴川」とよぶようになったといいます。