インフォメーション

2020-07-30 22:43:00

小安温泉 こやすおんせん

湯沢市皆瀬湯元

0183-46-2111

-----------------------------

小安温泉は、昔、南部領に通ずる栗駒から一の関越えの宿場でした。佐竹藩の御陣屋もあり、天樹院公佐竹義和は、この小安温泉が非常にお気に入りであったそうです。また、旅の文人、菅江真澄もここへ足をはこび、景色よりも山峡の人たちの不便な生活に心を寄せ「谷川の こけのしば橋 危ふくも 心ひとつに 渡るそまびと」とよんでおります。 *菅江真澄(一七五四〜一八二九):江戸時代後期の国学者、紀行家、三河の国渥美郡の生れ。中部、東北、北海道を四十年余り巡り、その土地の民俗について著述した「真澄遊覧記」があり、さし絵の風景画とともに貴重な民俗資料となっています。文化八年(一八一一)秋田藩久保田城下に居住し、藩校明徳館に日記類のほとんどを献納しています。