インフォメーション

2020-07-31 09:26:00

大屋の梅林 おおやのばいりん

横手市大屋新町

0182-33-5320

-------------------------------

旧栄村の大屋です。「みちのくの 梅の名所や 名も栄」と俳句に詠まれているところで、民家の庭に梅が植えられ、その数およそ二○○○本以上もあり、そのうち二四○本は古木です。特に鬼嵐地区の江津家の庭梅は一○○○年以上の樹令を誇る大屋梅の主といわれていました。残念なことに現在は根元が残っているだけですが、その根元のところから若木が生え、それもすでに九○年以上になっています。現在もあちこちに梅林が散在し、コース標にしたがって梅の観賞ができるようになっています。また近くには、農業用の古い沼が数多く点在しており、その中の一つ大屋沼は元和元年(一六一五)に作られたもので、そこでは早くから鯉の養殖を手がけて来ました。”大屋の鯉”の名は梅にも劣らず知られています。