インフォメーション

2020-07-31 09:41:00

馬鞍城跡 まくらじょうせき

横手市平鹿町馬鞍

-------------------------------

ここが稲庭に本城を構えていた小野寺氏の支城があったところです。近くに浅舞がります。浅舞の名の由来は、佐竹義宣の子、義隆がこの地でよくタカ狩をしていたところ、ある朝”舞台の松”と呼ばれる松に鶴の群が飛来して、舞い遊ぶのを見て「郷の名も朝舞とすべし」といったのが地名のおこりとされています。浅舞いは、穀倉地帯でもあり、政策上も戦略上も交通の要衝として栄えたととろです。