インフォメーション

2020-08-03 22:05:00

小本街道 おもとかいどう

下閉伊郡岩泉町乙茂

--------------------------------

江戸の頃、この街道では、牛は一手綱(いってづな)六頭、馬は三頭として、一人で追ったものだそうです。この地方には三十人以上の牛方、馬方衆がおりましたので、毎日二百頭前後の牛や馬が盛岡へ往復したのです。馬の首には、馬方の好みによって、ジャランジャランとなる「しまだがね」や、ゴロンゴロンとなる「どじがね」、またチリリン、チリリンとなる鈴などをつけて、青葉のはえる、そして紅葉に彩られる小本街道を盛岡まで通ったことでしょう。この時に唄われましたのが、南部牛方節とか馬方節です。