インフォメーション

2020-08-03 22:15:00

黒崎灯台 くろさきとうだい

下閉伊郡普代村

-----------------------------

黒崎灯台は、黒崎の突端にあって、百四十メ-トルの断崖の上に建っています。昭和二十二年四月に灯がともり、以来近海の航路の安全を守っています。ただいまでは陸中海岸の名所の一つになっています。近くに大岩展望台がありますが、どちらもすぐれた展望所で、南には北山崎につづく豪壮な断崖風景、北には久慈の岬につらなる海の出入りを手にとるように眺めることができます。また灯台のあるところは、昔の砲台の跡で、明治初年、榎本武揚が宮古湾の海戦で官軍に敗れ、北海道に逃げる途中、北にむかって追撃する官軍を砲撃しようとした場所といわれています。