インフォメーション

2020-08-03 22:26:00

駒形神社 こまがたじんじゃ

滝沢市鵜飼外久保

019-684-2111

--------------------------

毎年六月十五日に人々は、愛馬の労をねぎらぃ、牛馬の無病息災を祈願するために駒形神社に参詣します。金糸銀糸、紅や紫などの布であざやかに着飾った、参詣を終えた百頭の馬が童子を乗せて、駒形神社から盛岡市の八幡宮までの約十五キロの道を、鳴輪や鈴の音をチャグチャグと鳴らしながら練り歩きます。この馬の装束は三懸(さんかい)といい、参勤交代のときの馬の軍装だといわれています。昭和二十六年に「チャグチャグ馬」保存会が結成され、同五十三年には国の無形民俗文化財に指定されています。もちろん今では農耕馬はいませんが、馬産地をしのばせる民俗・文化遺産で、毎年多くの光客を集めています。「ほんのびやこ 夜明げかった 雲のいろ ちゃんこがちやがうまこ橋渡って来る」 宮沢賢治。