インフォメーション

2020-08-04 09:50:00

達谷の岩屋 たっこくのいわや

西磐井郡平泉町平泉字北沢16

------------------------------------

昔、悪路王が、かくれ家としていたと伝えられる洞窟、達谷の岩屋です。悪路王を亡ぼした坂上田村麻呂が、京都の鞍馬寺に模して、毘沙門堂を建立したのですが、野火のため二度焼失し、現在のものは、昭和三六年に復元されたものです。田村麻呂が祀ったと伝えられる百八体の毘沙門天が、洞窟内にあったのですが火災で焼失、本堂の隣の絶壁にほられた大日如来は、約九百年前のもので、これは、源義家が、阿部貞任を征伐したのち、戦死者の遣体を埋めて、刻んだ麿崖仏といわれます。