インフォメーション

2020-08-04 21:53:00

花巻温泉 はなまきおんせん

花巻市湯本

-----------------------------

大正十二年、瀬川上流の台川にのぞむ、台温泉から引湯した温泉です。大自然を背景に、駅前通りの桜と銀杏の並木道、詩人宮沢賢治設計のお花畑、月見橋から望む釜淵の滝などの景勝地のほか、豊富な温泉、近代的な諸施設等、自然と人工の美をあわせもっています。ここを中心に志戸平、台、松倉、鉛など十数ヵ所の温泉群は花巻温泉郷とよばれ、付近は花巻温泉郷県立自然公園となっております。花巻は、温泉とともに鹿踊(ししおどり)りが有名です。岩手県の数ある郷土芸能のうちでも、代表的なものとされており、鹿の角をつけた鹿頭(ししがしら)をかぶり、紙切れのついた、ササラ竹を背に、太鼓をたたきながら、悪魔退散、五穀豊穣を祈り、勇ましく踊りまわります。この鹿踊りは農民芸能として全国的に知られています。このほかの郷土芸能に、鬼剣舞、田植踊りなどがあります。