インフォメーション

2020-08-04 22:09:00

女遊戸海岸 おなっぺかいがん

宮古市崎山第6地割

0193-62-2111

----------------------------------

女に遊ぶ戸と書いてオナッペと読みます。これは、昔アイヌの住んでいたころの地名らしく、この付近には、ハイペ、トロシロペなど、アイヌ語の地名が残されております。この女遊戸には広々とした砂浜と芝生があり、海水浴場にまたキャンプ場に適したところです。初夏ともなりますと浜茄子(はまなす)の花が咲き乱れ、いかにも北の浜辺らしいロマンチックな雰囲気をただよわせます。「潮かおる 北の浜辺の砂山の かの浜なすよ 今年も咲けるや」。石川啄木が北の浜辺を懐かしみ詠んだ歌といわれます。この付近には、中の浜、大沢と入江があれば砂浜があり、そして浜茄子の花が咲きにおいます。