インフォメーション

2020-08-05 09:13:00

横山八幡宮 よこやまはちまんぐう

宮古市宮町2丁目5−1

0193-62-5072

---------------------------------

白鳳九年(六八一)の創建と伝えられ、宮古の地名の起こりともなった由緒ある神社です。寛弘元年(一○○四)一条天皇のとき、どうしたことか阿波の鳴門が荒れ狂い、朝廷は諸道に鳴門を鎮めるよう命令しました。その時、宮古にあります横山八幡宮の禰宜が夢の中で神のお告げを受け、「山畠(やまはた)の作りあらしのえのこ草 あわの鳴門とは誰かいうらん」と歌を詠み、七日七夜の間祈祷しますと鳴門は鎮ずまり、一条天皇の皇后、上東門院から京の都と同じ発音をする宮古という二字をいただいた、と伝えられております。ご神木の、樹齢数百年を数える逆さ銀杏は、禰宜が鳴門からの帰り道に使った杖に根が生えたものと伝えられています。