インフォメーション

2020-08-05 09:19:00

前九年の役 ぜんくねんのえき

盛岡市

------------------------------

平安時代の末頃、陸奥に勢力を持つ安倍頼時、貞任父子の起こした反乱。朝廷では、源頼義、義家を派遣して平定したのですが、永承六年(一○五一)から、康平五年(一○六二)まで、前後十二年を要したので、奥州十二年合戦ともいわれます。盛岡駅の北、二キロの北上川畔にある厨川柵跡は、安倍館とも呼ばれ、前九年の役で減亡した安倍氏の最後の決戦場となった地です。