インフォメーション

2020-08-05 09:24:00

JR山田線 やまだせん

盛岡市

---------------------------------

釜石からほぼ海沿いに北に走って宮古まで行き、そこから西に向きをかえて山をのぼって盛岡に達します。この線が計画されたのは明治二十五年でしたが、南北に走る千メートル級の山を横断しなければならないため、なかなかルートが決まらず、ようやく着工にこぎつけたのは三十八年後の大正九年のことでした。しかしこの時、平民宰相といわれた原敬が首相をつとめており、その彼が盛岡出身であったため、野党の憲政会に「人も住まない山に鉄道を敷いて、猿でも乗せる気か」とかみつかれた原敬は、鉄道法によりますと、猿は乗せないことになっております」と答えて平然としていたとのことです。ともあれ宮古・盛岡間が開通したのは昭和九年、釜石まで全通したのは、同十四年のことでした。