インフォメーション

2020-08-08 14:13:00

鹿山公園・土井晩翠碑 しかやまこうえん

石巻市鮎川浜金華山

0225-45-3456

-----------------------------------

船着場から、黄金山神社に行く途中が、公園になっており、奈良の春日大社と同様に、多数の鹿が、神鹿(しんろく)として保護されています。むかし栗駒・蔵王山に棲息していた鹿が牡鹿半島に移動し、その一部が海をわたって棲みついたといわれています。 *土井晩翠碑:鹿山公園の一角に、詩人土井晩翠の「金華山より太平洋を臨みて」の一節をしるした、詩碑が建っています。晩翠が若いころ、金華山の頂上に遊んで詠んだもので、昭和二十八年、旧制二高の同窓会関係者の者によって建立されました。碑面は晩翠の自筆で、「鳴呼金華山千歳の昔に聞きし黄金は 今其の胸に空しくとも霊境永く霊ありて 無声の教登臨(おしえとうりん)の子にとこしえに施すか 感謝捧よ名山の鎮むる処東海の 此邦永く愛すべく此の民永く頼むべし」