インフォメーション

2020-08-08 14:16:00

黄金山神社 こがねさんじんじゃ

石巻市鮎川浜金華山5

0225-45-2301

-----------------------------------

金華山の西側の山腹にある神社で、金属の神様といわれる金山毘古命(かなやまひこのみこと)、金山毘売命かなひめのみこと)を祀ってあります。創建は、この島から金が採れた奈良朝時代とされ、一二○○年もの歴史を持っていますが、のちに、神仏混清の時代となって、金華山大金寺という寺に変ったことがありました。この寺は、平泉の藤原氏が寺領三千石を贈って尊崇し、その後、石巻の葛西氏も保護しましたが、のちに、二度の火災で全く衰微してしまいました。明治以後、再び神社として復活しましたが、明治三十年にまたまた火災で焼けてしまいました。しかし、この神社は出羽三山や恐山とともに東北三大霊場の一つとして信仰され、島に渡る人は先ず、この神社に献膳料を納めてから、お山廻りをしたということです。今でも金銀財宝の守護神で、開運の神様といわれ、お参りする人が多いとの事です。