インフォメーション

2020-08-08 14:36:00

山田金山跡 やまだきんざんあと

石巻市桃生町

----------------------------------

昔は「山田金山家千軒」といわれ、この附近の金の産地の中心として、大いににぎわったところです。奈良朝時代、有名な奈良の大仏を建立している最中に、この陸奥の国から金が献上され、時の聖武天皇が「わが国にも金があったのか」と喜ばれたということですが、その陸奥の国の金の産地は、主に遠田郡、桃生郡、本吉郡であったといわれています。大判山には昔、金が産出した名残りをととどめています。