インフォメーション

2020-08-08 20:09:00

陣ケ森 じんがもり

大崎市鳴子温泉陣ヶ森

-------------------------------------

天正十六年春、宮城県の中央部を治めていた、大崎家十二代義隆の歓心を得ようと、家来同志の争いがおこり、やがて義隆と大崎家の重臣氏家義継との争いにまで発展しました。義継は、当時米沢城にあった伊達政宗に助けを求め、政宗もまた大崎地方を押さえておく必要から、四千の兵を出し、争いは大きくなる一方でした。この戦いは、この地に兵を進めた最上義光が、仲をとりもって治りましたが、その時陣をかまえた所が、この陣ヶ森なのです。