インフォメーション

2020-08-08 21:08:00

蔵王権現 ざおうごんげん

刈田郡七ヶ宿町

----------------------------------

蔵王権現は、役(えん)の行者で知られる山岳信仰の霊地、奈良県の金峰山が本尊になっています。全国各地に蔵王信仰が広まり、今から約一三○○年ほど前に蔵王でも権現様を祀り、現在の蔵王という地名になりました。山梨県の金峰山も蔵王信仰が地名に残っている所です。大鳥居をくぐって渡る川が濁川で、蔵王のお釜から流れております。「瀬をはやみ 流れも清く見るものを 濁川とは 何名つけせん」。昔、白石領主・片倉小十郎が牧場を作った時に、その視察に七日もかかりましたので、七日原の名があります。春の山菜、秋のきのこ狩りなどが楽しめます。