インフォメーション

2020-08-09 08:47:00

赤児 あかちご

栗原市金成赤児

--------------------------------------

藤原秀衡は、歌や踊りを大変好み、いつも数十人の少年を舞い踊らせて楽しんでおりました。その中に、「春風(しゅんぷう)」という賢い少年がいました。春風の舞う美しい姿は数多くの人々の心を動かして人気がありました。それを常日頃ねたんでいた仲間の少年達が、ある日、ひそかに春風を殺してしまったのです。哀れに思った里人の手でその亡骸を手厚く葬り春風が生前好んで身につけた紅い袴に因んで、地名も赤児と呼ばれております。