インフォメーション

2020-08-09 09:44:00

涙の松由来碑 なみだのまつゆらいひ

気仙沼大島

---------------------------------------

大島の北部にある標高二百三十五メートルの山で、ここからの眺めは、はるか南の金華山にいたるまでの、壮麗なリアス式海岸や、東に突き出ている唐桑半島などが、一望のもとにおさめられます。頂上の少し北に「涙の松」とよばれる数本老松(枯れてしまって別の松があります)があります。これは天明二年(一七八二)に、時化にあって難破した漁師の家族が、涙ながらに植えたものといわれます。大島には亀山のほか、最南端の景勝地龍舞崎(たつまいざき)や、歩くたびにキュッキュッと面白い音を出す十八鳴浜があります。