インフォメーション

2020-08-09 09:46:00

秀の山・横綱生家(菊田家) ひでのやま

気仙沼市(旧 陸奥国本吉郡

---------------------------------------------

秀の山は、江戸末期の名力士で、身長は一メートル六十三センチの小兵でしたが、抜群の運動神経に恵まれ、弘化三年(一八四六)三十九歳で九代目横綱になりました。弟子の養成にも力ををいれ、明治の初めに、横綱となった陣幕五郎もその一人です。菊田家には、今でも秀の山の遺品が残っています。