インフォメーション

2020-08-10 09:31:00

岩崎山 いわさきやま

蔵王町

------------------------------------

別名、篭山とも呼ばれる岩崎山は、金山に一○八個の埋掘りをした跡の坑道があり、篭の目のように見えるところから篭山の名があります。慶長年間(一五五六〜一六一五)に掘られたもので、ここから産出した金で伊達政宗公が青葉城を築いたと伝えられています。麓の坑道の入口には、作業で死んだ金掘人夫を祀る地蔵尊があり、山頂の岩壁には三十三観音が祀られております。