インフォメーション

2020-08-10 13:59:00

若竹の銀杏 にがたけのいちょう

仙台市宮城野区銀杏町

---------------------------------------

樹齢、約千二百年といわれる銀杏です。高さ三二メートル、幹囲り約八メートルの古木で、枝から三メ-トル近い気根(空気中に露出した根)が、乳房のように垂れています。伝説では、天平の頃(七二九〜四三)、聖武天皇の乳母、紅白尼(こうはくに)という人の遺言で、塚の上に植えられたものです。木の側に、小さな洞があり、姥神が祀られています。母乳の出のわるい婦人に霊験あらたかと伝えられます。