インフォメーション

2020-08-10 14:00:00

榴ヶ岡公園 つつじがおかこうえん

仙台市宮城野区五輪1丁目

022-261-1111

------------------------------------------

榴ヶ岡公園は、昔はツツジの生い茂る、一大草原であったようです。公園の中に、元禄八年四代藩主、伊達綱村(幼名亀千代)は、生母の三沢初子(浅岡の局)の菩提をとむらうために建立した、釈迦堂があります。御本尊は、赤栴檀(しゃくせんだん)という香りの良い木で造られたお釈迦様です。僅か一・五センチほどの像ですが、伊達騒動の時に、髷(まげ)の中に結いこめ、我が子亀千代の命と、お家安泰を祈ったお像です。更に奥の方に広がる平坦地を、宮城野原といい、昔は萩、女郎花、鈴虫の名所でした。「あはれいかに 草葉の露の こぽるらむ」「秋風立ちぬ 宮城野の原」新古今集(西行) 「宮城野の 本荒の小萩 露を重み 風を待つごと 君をこそ待て」 (古今集)読み人知らず