インフォメーション

2020-08-10 15:07:00

五大堂 ごだいどう

宮城郡松島町字町内

022-354-2023

----------------------------------------------

 

五大堂は、坂上田村麻呂が、大同二年(八○七)の建立といわれるものです。(毘沙門堂が前身)現在のお堂は、政宗が慶長九年(一六○四)に再建されたもので、優雅な外形と、内部の豪華さが対照的です。天長二年(八二五)慈覚大師が、大聖不動尊を正面に、五大明王像を安置したことから、五大堂と呼ばれるようになりました。寺地としては、松島地方で一番古い仏跡とされています。欄間に刻まれております十二支は、左甚五郎の作といわれます。秘仏の五大明王像は三十三年ごとに開帳されております。

現在のお堂は、伊達政宗が慶長九年(一六○四)に再建した桃山建築で、重要文化財に指定されています。