インフォメーション

2020-08-10 15:49:00

広田城跡 ひろたじょうせき

陸前高田市広田町大久保

----------------------------------------

天正のころ(一五七三〜九二)には大和田氏の居城でしたが、主家である葛西晴信が、小田原攻めに参陣しなかったために、豊臣秀吉の怒りにふれ、領地没収の命を受けました。しかし葛西氏はこれにしたがわず、天正十八年(一五九○)八月、佐沼城にこもって、蒲生氏郷、伊達政宗などの豊臣軍を迎撃したのですが破れ、このとき広田城もともに落城しました。現在では本丸跡、一の丸、二の丸跡、大手、搦手(からめて)跡に、往時をしのぶばかりです。