インフォメーション

2020-08-13 10:07:00

朴地蔵尊 ほうのきじぞうそん

朴地蔵尊は、笹谷街道の名所として昔から親しまれ、信仰されてきました。笹谷街道歴史は古く、今から一○五○年余り前の「延喜式」にもこの街道が、都と出羽国を結ぶ官道であったと記されており、平安時代から往来が盛んだったようです。この辺り滑川は、もと行沢村といい、村外れには朴地蔵尊が祀られております。境内に大きな朴が繁っていたので、この名があるようですが、昔は街道を往来する人々をやさしく見守り、道中の安全をかなえたのでしょう。現在のお堂は、昭和五十五年に再建されました。